ここから本文です

「誰が償却を取るか」によって、どんなメリットとデメリットがありますか? 仕...

アバター

ID非公開さん

2018/6/1518:48:38

「誰が償却を取るか」によって、どんなメリットとデメリットがありますか?

仕事で設備の転リース(リースで借りたものをリースに出す)を検討している時に、借りる形態をリース、割賦、購入の

どれにするか、貸す形態も同様にリース、割賦、販売のどれにするかなどを相談していました。
その辺りは無事解決?したのですが、話し合いの時に「誰が償却を行うか」を気にする方がいました。

減価償却の仕組み自体は、簿記で聞いたことがあるのですが、わたしにはなぜ「誰が償却を行うか」が大切かがわかりませんでした。

一般的に、償却主体になるかどうかで、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

理解不足のため、質問が要領を得てなくてわかりづらくて申し訳ないですがよろしくお願いします!

閲覧数:
29
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

net********さん

2018/6/1608:20:17

?誰が償却を行うか」が大切か
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%9B%E4%BE%A1%E5%84%9F%E5%8D%B4%...
減価償却資産の耐用年数等に関する省令(げんかしょうきゃくしさんのたいようねんすうとうにかんするしょうれい、昭和40年3月31日大蔵省令第15号)は、税法における減価償却資産の耐用年数について課税の公平性を図るために設けられた基準である。法定耐用年数といった場合、この省令に定められた耐用年数をさす。

また、この基準は税務上の基準であり本来の会計学上の基準とは異なる。但し中小企業を中心として税務上の基準を元に会計処理が行われるため、減価償却の国内標準となっている。

1951年(昭和26年)に固定資産の耐用年数等に関する省令(昭和二十六年大蔵省令第五十号)として制定され、1965年(昭和40年)に全面的に改正されて減価償却資産の耐用年数等に関する省令となった。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bot********さん

2018/6/1812:06:07

>その辺りは無事解決?

どう解決したのかを説明せずに、回答ができる訳がありませんよ。

償却資産を所有するものが償却するのに決まっているでしょう。

資産も持たないのに減価償却費なんか計上できません。

リースも「リース資産」になります。

償却の主体になるからどうのこうのと言うのは、捉え方が間違っておられると思いますが?
一気に費用化できるとかなんとかの違いはありますが、それは具体的な話が見えないと???

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる