ここから本文です

めちゃくちゃ短い小説を書いてみました。評価お願いします。

アバター

ID非公開さん

2018/6/1804:14:59

めちゃくちゃ短い小説を書いてみました。評価お願いします。

省吾「おはよう」

七美「こんばんは」

省吾「好きな食べ物は?」

七美「麻婆どうふ」

どうですか?

閲覧数:
161
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wad********さん

2018/6/2102:43:23

七美「麻婆どうふ」
省吾「売ってないよ」

と続けていって...
時間の不一致は、実は、省吾が地球の裏側にいるから...?
などと、読み手側に想像させると、短くても面白くなるのでは。

アバター

質問した人からのコメント

2018/6/22 13:01:09

想像してくださってありがとうございました!参考にしてみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2018/6/1817:08:08

時間帯があってなくて草

mie********さん

2018/6/1816:55:14

「七美だけに、七味をいっぱいかけるとうまいね、と言いたいところだが、
僕はどっちかというと、四川山椒のしびれるような辛さが好きなんだ」
そう答えた僕に対し、七美は口元を手で押さえ、驚いたような表情を浮かべたのであった。

fri********さん

2018/6/1816:48:38

小説じゃなくて会話文ですね

blu********さん

2018/6/1804:25:59

小説やないね
ただの台詞や

この状態でどう?言われても…

小説いうんはこういうものを言うんや、覚えとき

---

とある雨の日の朝。少女が目を覚まして最初に目にしたものは、ベッド脇に置かれた大きな箱。
気になった少女は不安げに、けれど中身が気になるかのような表情で、その箱に近寄る。
箱の上に置かれた小さなメッセージカード。
「お誕生日おめでとう」
そう書かれたカードを見て、少女はこの箱が自身へのプレゼントだと気付く。送り主は父親。
喜びに満ちた表情で箱を開けると、そこには少女が以前から欲しがっていた黒い仔犬が蹲っていた。
驚愕すると同時に、少女は幸せそうな笑顔で、その仔犬を抱きしめた。

ser********さん

2018/6/1804:19:18

私なら最後省吾に「当然七味いっぱい入れるよね」と言わせます

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる