ここから本文です

島津義弘は老将、無骨なイメージが強く関ヶ原の戦いの捨て身の突破が人気がある理...

got********さん

2018/6/1811:45:55

島津義弘は老将、無骨なイメージが強く関ヶ原の戦いの捨て身の突破が人気がある理由でしょうか。

政治家向きでは無く、戦国時代よりも鎌倉武士の気色があると思う。

閲覧数:
147
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ter********さん

編集あり2018/6/2210:42:08

戦略家であり、身分の低い兵卒にも分け隔てなく接したので兵からも人気、信頼も絶大だったようです。
ですのでここ一番という所で島津義弘の戦法に皆、命をかけて戦った為数々の最強伝説が生まれた様です。もちろん関ヶ原の敵中突破もです。
兵力の大小にこだわらない島津義弘の真骨頂が如実に現れた戦法だと思います。
勝ちが確定した東軍はすでに戦闘モードから抜けているそんな雰囲気、空気を読んだ上での敵中突破で実際、先陣としてあれだけ果敢に石田三成を攻め立てていた福島正則らはみな突進してくる島津義弘と戦わず道を空けています。
ここら辺の情勢を読み解く能力にも長けていたと思います。
奥さん想いで家族も大切にしており、ドラマで描くならなかなか人間味溢れ、しかも戦略家で部下が皆、平気で命を差し出す様な人格者として描いて欲しいものです。
関ヶ原後の徳川家康の島津討伐も粘り強く巧みな工作で中止に追い込み、結局は石高を減封される事なく切り抜いています。
無骨な鎌倉武士の様であればあえて九州討伐に真っ向から向かい玉砕、華々しく散る所でしょうが島津家を存続させる為にあらゆる伝手を辿って島津討伐を回避させていますのでやはり類い稀な戦略家であったと思います。

質問した人からのコメント

2018/6/25 00:45:32

生き様に惚れます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/6/1911:48:54

当たり前ですが、最初から老人だったわけてはなく、若い頃から猛将として知られてました。しかし、島津4兄弟がそれぞれ名将揃いな為とローカルなイメージで、損をしてるかも知れません。朝鮮の泗川の戦いで7千人の薩摩兵を率いて明・朝連合軍数万人を打ち破り首級を3万8千あげました。
李舜臣の水軍をしりぞけたのも義弘の兵で、李舜臣は射殺されました。
なぜか、韓国では逆に伝えられてますけど。
殿なので首を取らず、打ち捨てたのが仇になった様です。

sat********さん

2018/6/1911:06:29

人気なんてなくていい
俺は、俺の人生がある
それが、わが意気、これあらたなりの名言だ

sas********さん

2018/6/1812:27:02

日新公の作ったいろは歌はご存知でしょうか。
日新公は島津四兄弟を教育した祖父ですが、その精神を踏襲しているのだと思います。
朝鮮への出兵でも、自分の危険をかえりみずに味方の武将たちの危機を救って父親の様に尊敬されている存在でした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる