ここから本文です

近視の眼鏡を掛けている場合、その人の目は遠視の眼鏡レンズと同じように光を集中...

its********さん

2018/6/2118:43:30

近視の眼鏡を掛けている場合、その人の目は遠視の眼鏡レンズと同じように光を集中させる様な状態になっているのですか? 近視(−)と遠視(+)を合わせて正視(±0)になるかと思ったので… また、もしそうだとしたらその様

な人が裸眼で間違って太陽を見たら、光を集中させる事によって失明するのでしょうか?目に詳しい方お願いします。

閲覧数:
52
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ven********さん

編集あり2018/6/2317:43:31

大筋での考え方は、合っていると思います。ただし、近視用レンズは、凹レンズですので、逆に、光を拡散する方向に働きます。

近視の眼は、軸長が長くなっている状態なのですが、別の見方をすると、光が「曲がりすぎている」ので、網膜の前に結像するというふうにも考えられます。ですから、反対に、光を「散らす」ことで打ち消しあって、正しく網膜に像が映ることになります。

しかし。散らすと言っても、太陽を直視すると、レンズの作用など無視できるほどの強烈な光線を網膜に当てることになりますので、大変危険なことと言えます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる