ここから本文です

先日フリーマーケットで友人とノリで絽の着物を購入しました。 しかし、私が持っ...

kur********さん

2018/6/2415:40:10

先日フリーマーケットで友人とノリで絽の着物を購入しました。
しかし、私が持っている襦袢はかろうじて振袖と浴衣用がありますが、帯や小物は浴衣用のものしかありません。
このような状態で

も絽のお着物って着れますか?
また、この着物、新品のようで襟芯が入っていません。どのように着ればよいか御指南いただけませんか?
正直、500円で購入したとはいえ、自分の手に余るものの気がしてしまったので、御指南のほど、お願いいたします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,644
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sak********さん

2018/6/2516:48:24

「絽の着物」という一言だけですと、普段着やおしゃれ着なのか、それとも結婚式などに着るようなものであるのか判断ができないのですが、どのような柄のつけ方になっていますか?
同じ柄が繰り返し全体的に染められていて、縫い目では柄が繋がらないようであれば小紋(普段着やおしゃれ着)広げたときに一枚の絵になるように柄が繋がる場合は訪問着などのドレスに近い位置づけの着物になります。

後者のドレス格の着物の場合はいきなり初心者さんが必要なものを揃えて着るのは難しいと思うので、前者の小紋であるという前提でお話させていただきますね。

まず、振袖の襦袢は着用できる季節が違いますので、こちらの着物には合わせられません。(夏の着物には絽、麻、綿レースなどの夏の襦袢を合わせます)

お持ちの「浴衣用の襦袢」というのは、浴衣の衿元から白い衿が見えるように着るタイプのものでしょうか?
(例えばこのような形です https://item.rakuten.co.jp/753ya/10005856/
白い衿を見せて着る形のものでしたら絽の着物をその上に着て大丈夫です。
筒袖で袖の長さは合わないかもしれませんが、普段着ならそんなに気にしなくても構いません。
浴衣から衿が見えないように着るスリップでしたら、別に襦袢が必要になります。
(このタイプですと別に衿付きの襦袢が必要です https://item.rakuten.co.jp/rakuichikimono/40086274/


紐や伊達締めはそのまま使えます。(襦袢の分1~2本必要な紐は増えます)

浴衣は綺麗に着るために浴衣本体に衿芯を入れることがありますが、着物の場合は襦袢の半衿の下に衿芯を入れるので着物本体には衿芯は入れません。

帯は色柄に合っていれば浴衣用の半幅帯をそのまま使って大丈夫です。
お文庫結びではなく風船太鼓やリボン返しなどの帯結びにすると、浴衣っぽくなりにくいです。
半幅帯には必ずしも必要ではありませんが、帯締めやとんぼ玉の帯締めをするとより着物感が出ると思います。
足袋も必要ですね。本格的な足袋で無くても、レースの足袋靴下などで大丈夫です。


こちらの連載の第3回くらいまで読んでいただくと、必要なものがなんとなくわかるかと思います。
http://kururi.net/book/beginner/beginner1110.html

回答が長くなってしまいすみません。
せっかくご購入なさったので、着物の装いを楽しんでいただければ一着物好きとして嬉しいです。

質問した人からのコメント

2018/6/26 14:06:29

yof様とsak様で最後までBA悩みましたが、わかりやすいリンクをつけてくださったsak様にBAを。本当お二方始め、皆様ありがとうございました。

皆様を混乱させた1番の原因「襦袢」ですが、浴衣下と長襦袢を混同していたことが原因だと気付きました。自分に着物の知識がないことも真摯に受け止め、これを機会に勉強していきたいと思います。
今回は本当に勉強になりました!ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

リクエストマッチ

2018/6/2523:05:43

浴衣以外の和服は、基本的には振袖と同じように、肌着(肌襦袢か和装スリップ)、襦袢(長襦袢か二部式のもの)を着た上から着ます。
衿芯は、襦袢に入れるもの、着物には入れません。

浴衣用の襦袢は、多分肌着の浴衣用和装スリップでしょう。
着物の下に着るには丈が短いですが、ダメというわけではありません。
夏用の長襦袢か、半襦袢+裾よけを買って、肌着の上に着て、その上に着物を着ます。

ryo********さん

2018/6/2522:32:40

浴衣用の襦袢ってなんですか?
肌襦袢ですか?
夏用の長襦袢が無いなら着れませんよ

着物に襟芯なんて入っていませんし入れませんが、どこに入れるつもりなんですか?

yof********さん

2018/6/2515:47:33

Twitterより参りました。

浴衣の襦袢をお持ちということですが、それが使えるかは
・襦袢の形
・絽のお着物がどういった柄で、どのような材質か
によると思います。

まず、襦袢ですが、絽は見ての通り透ける着物ですので、柄のないもの、出来れば白の、半衿を付けられる衿のついた、着物と同じ形の袖がついている、丈が足元まであるものが理想的です。衿芯を入れる場合、半衿の内側に入れます。
絽のお着物が絹もしくは麻でしたら、↑の形のものを用意なさるのがよいかと思います。直接肌にあたると、汗で傷んでしまったり、サイズが狂ったりします。通販サイトや古着でよろしければ、4桁台で購入できます。

また、柄が全体で見て絵になっている、いわゆる「絵羽」の着物の場合、小物類も浴衣用のもので合うものはあまりありません。(格の問題です)



相談者さんが正統派の着付け以外にも寛容かつ、町中で着物警察に捕まっても「これが新時代のルールです」と言える強い精神をお持ちでしたら下記も参考にどうぞ。



絽のお着物が綿またはポリエステルの場合、大事なところが透けないようになっていれば『浴衣だから省略した』で押しとおすのもありだと思います。裾回しと肌襦袢さえあれば大丈夫です。半衿のあるなしは大した問題ではありません。長襦袢を着ても半衿を出さない着付けをする人もいます。

勝手な推測ですが、お持ちのお着物、衿芯が入っていない(衿の形が違うとはおっしゃていない)、ということは、衿の形は浴衣と同じ「バチ衿」の着物だということではないでしょうか?
もしそうなら、
・背中の縫い目が二度縫いになっている
・首回りの裏側に20センチくらいの布がついている
・衽の角の縫い目が割れていない
以上のうち二つ以上満たしていればその着物は「浴衣仕立て」です。浴衣です。絽のお着物をわざわざバチ衿に、浴衣仕立てにするのは、浴衣として着てもらうのが目的だからです。浴衣と同じ道具で着て、なんの問題がありましょうか。(下着が透けないことは前提で…)

長々と申し上げましたが、結局は着ることを楽しめることが何よりだと思います。
無理をして襦袢小物そろえて想定外の出費に後悔したり、人目を気にして一日不安かられながら外出するよりは、そのお着物に次のご縁を見繕ってあげたいとお思いでしたら、そうなさるのがよいと思います。

着物と楽しいお付き合いができますよう、お祈り申し上げます。

xon********さん

リクエストマッチ

2018/6/2418:47:47

貴女のいう浴衣用は、襦袢ではありません。
浴衣以外、浴衣も襦袢きるなら、襟芯は全て襦袢半襟下にいれます。
浴衣にいれるのは例外、それも殆どの人はしません。ない方が涼しげで粋。浴衣に襟芯。。笑われて終了。。
襦袢とは半襟が付きます。つかない浴衣スリップ等なら、無理矢理、襟芯を浴衣にいれただけです。
今お持ちのセットには、嘘つきの仕立て襟、これは襟だけ独立パーツ、を買うか、絽の夏物襦袢を買う。帯は夏物。帯締め帯揚げも要ります。脚も裾までないと、透け透けです。
勿論着物の格に合う物を、、です。
絽の着物が、普段着の小紋なら、浴衣用でも合う場合もあります。

アバター

ID非公開さん

2018/6/2418:38:08

振袖用の襦袢はお袖が長すぎるしそもそも夏用の襦袢ではありませんので使用できません。浴衣用の長襦袢ってお袖が筒状になっているものですか?それともお着物のようにたもとのある襦袢ですか?もしお袖が筒状になっているものを指しているのでしたらそれは肌着ですからお着物の襦袢としては使えません。着物を着るときの肌着にしかならないものです。お袖が筒状のものを浴衣用襦袢とおっしゃっているならせめて夏用の半襦袢と和装ステテコ位は用意しましょう

浴衣用の襦袢がたもとのある長襦袢でしたら肩幅と袖幅(裄)があっていて袖丈が±2センチ程度の差なら使えます。また裄があっていなくても襦袢の方が裄丈が長い場合は中でつまめばいいのでその場合は使えると思います。

小物は着付け小物については振袖で使用したものが使えます、しかし帯締め帯揚げ帯は使えませんので夏用の物を用意する必要があります。

浴衣用の帯はそもそもお着物には使用できませんが中には兼用できるものもないわけではないのですが、帯が浴衣とセットで販売されていた帯でしたら使用不可です。
着物でも使える半幅帯か夏の薄い名古屋帯(八寸なら小紋まで、九寸でデザインがフォーマル向きなら訪問着も使用可)を用意しましょう。

襟芯はそもそもお着物に付けるのではなく長襦袢の襟についている半襟に通すものです。着付けの流派によっては長襦袢と着物両方に襟芯を通す着付けの仕方をするところもありますが大抵は長襦袢に付けるものなのです。

浴衣は安価に着ることができますがそれ以外は結構小物など決まりがあるため安価には着ることができません。着物を着るには結構お金がかかるのです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる