ここから本文です

瞑想の目的は意識を意識する事。ラベリングしたり、なんでも得意な事でいいって解...

アバター

ID非公開さん

2018/6/2616:05:51

瞑想の目的は意識を意識する事。ラベリングしたり、なんでも得意な事でいいって解釈で大丈夫でしょうか? ラベリングはヴィパッサナーでしょうか?

閲覧数:
111
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nak********さん

2018/6/2616:24:08

考えることがなくなるまで考える。
そうすると、何も考えなくなる。
先入観に穢されてる世界が消失し、ありのままの世界とありのままの自分がそこにいる。
そのために瞑想を行うのだよ。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/6/2616:47:32

    生命力で全体を包み、それは心のこと。そしてその中に意識があり意識の中に思考感情感覚があり感情感覚から自我の感覚が生まれそれがエゴですよね?思考感情に気づき、呼吸や意識で今ここに気づく。

    皆さん抽象的すぎて本当に理解できているのか謎です。

    上記の認識はただしいのでしょうか?

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

imo********さん

2018/6/2713:44:33

禅に「妄想する莫(なか)れ」という言葉があります。

あらゆることに対して価値判断してはなりません。すべての苦しみは価値判断から生まれるのです。ただあるがままにしておきましょう。という意味になるでしょうか。

思考の価値判断作用が苦しみを生み出します。ですから禅僧たちは、毎日座禅をして、思考を止める訓練をしています。

この思考を止める瞑想をサマタ瞑想(止瞑想)と言います。

しかし、思考の価値判断作用を止めるのは容易ではありません。これは潜在意識下のカルマ(業)が反応しているからです。

この潜在意識下のカルマを消滅させてしまおうという瞑想が、ヴィパッサナー瞑想(観瞑想)です。

ヴィパッサナー瞑想については、哲学者の永井均さんが日経新聞にわかりやすく寄稿しています。ネットでもご覧になれます。ご参照ください。

書籍では、地橋秀雄著「ブッダの瞑想法」をお薦めします。

ラベリングは観察を進めるための一方法です。流派によって異なります。上記の本はラベリングの手法を採ります。

iti********さん

2018/6/2710:37:54

瞑想の目的は、宗教や集団によって色々でしょうが、ほとんどはサマタ、心を静めるためでしょう。

ラベリングは常自覚の実践で、ヴィパッサナーはすべてのものを「無常・苦。無我」と見て、智慧を生じさせる実践です。

ブッダの仏教ではヴィパッサナーの準備段階としてサマタ(瞑想)をし、サマーディ(心の静まり。集中)が得られたらヴィパッサナーをします。

chi********さん

2018/6/2619:40:06

無意識を意識化することです。

dok********さん

2018/6/2618:27:03

瞑想の目的は答えを得ることです。
たとえば、ある人が、あきらかに無明であり、おかしな行動をとって、苦しんでいるとする。これはどういうことかといって、瞑想によって答えを得ようとすると、なんと、四諦八正道の原理が分かったりします。
その苦しんでいる人は、原因を見ずに、結果だけを見るから、苦しんでいるということが分かる訳です。
それによって四諦八正道が具体的に分かったりします。
やはり、ちょっとしたことですが、瞑想によって、考えることで、答えを得ると意識すると、いいような気がします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる