ここから本文です

シアリーズが記憶が戻ったと告げても、アルトリウスはもう戻れなかったでしょうか?

takanaoさん

2018/6/2705:01:03

シアリーズが記憶が戻ったと告げても、アルトリウスはもう戻れなかったでしょうか?

ベルセリアにて。

テイルズオブベルセリアをプレイしました、かつては仲の良い家族同士であったはずのベルベットやアーサーやラフィが、それぞれ災禍の顕主、導師アルトリウス、カノヌシとして殺し合う宿命になってしまうのが悲しかったです。

もちろんストーリー性はとても良く、キャラクター性も個性が上手に描かれていました。

ただ、一つ気になることがあるのです。
アーサーは、愛する妻セリカとそのお腹の子フィーを失ったために、その原因ともなった業魔病を根絶し罪ない世界を築くため、アーサーであることを捨てて退魔師アルトリウスに戻り、さらに導師アルトリウスとして世界を救済しようとしました。

ですが、ラフィを生贄にしてベルベットが喰魔になった夜、皮肉なことにシアリーズがセリカとしての記憶を取り戻しました。

しかし、セリカは弟のラフィを生贄にするために殺害した上に、妹ベルベットを監獄島に幽閉し続けるアルトリウスを憎むようになってしまい、記憶が戻ったことを導師アルトリウスには告げなかったですよね。

そこで思ったのですが、もしシアリーズがベルベットを救出してアルトリウスを殺させようとするのではなく、セリカとしての記憶が戻ったとアルトリウスに告げていたらどうなっていたでしょうか?

要するに、シアリーズがアルトリウスの前で仮面を外して。
「セリカとしての記憶が戻った、私はもうシアリーズでなくセリカよ。 弟ラフィのことはもう仕方がないけれど、私達の子フィーを手元に戻して。 そして、妹ベルベットも監獄島から出してあげてほしい。 どうか、導師アルトリウスではなく優しかったアーサーに戻って、みんなで家族に戻りましょう?」
……と嘆願していたら、アルトリウスは愛していた妻の記憶が戻ったと知り、アーサーに戻ることが出来たと思いますか?

それともやはり、すでに開門の日から時間と計画が進み過ぎていて、もう彼はアーサーには戻れなかったでしょうかね?

もちろんゲームの話だとは分かっていますが、気になって。
テイルズシリーズ好きの方など、ぜひ皆様のご意見をお聞かせください。

補足書き忘れました。

あのセリカたちが死んだ開門の日、メルキオルはその前後をそばで見ていたはずですが、アーサー家族を助けてあげようとはしませんでしたよね。 特等対魔師であるメルキオルが加勢してあげていれば、業魔たちを蹴散らすことが出来て、おそらくセリカたちも助かっていたのではないかと思うのですが。

やはりメルキオルとしては、アーサーではなくアルトリウスとして、業魔病から世界を救済するために力を貸して欲しかったということでしょうか?

シアリーズ,導師アルトリウス,監獄島,テイルズオブベルセリア,アーサー,メルキオル,アルトリウス

閲覧数:
416
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mot********さん

2018/6/2715:39:34

どうでしょう…戻れましたかね…

シアリーズの記憶が戻ったあの時のアルトリウスはすでに、全てに絶望(それこそカノヌシ復活の穢れになりうる絶望)していましたから、もはや後戻りできないところに戻ってきていたかもしれません。

愛する妻とそして息子が転生していたことがわかったとしても、彼は残ったたった2人の肉親を片方は(同意とはいえ)生贄に捧げ、もう片方は化け物にしてしまうほどになっていました。

そんなアルトリウスを見てシアリーズ(セリカ)が、アルトリウスと一緒になろうとはしないと思いますが、仮に、シアリーズが記憶が戻ったことを伝え、アルトリウスを止めようとしてももう止まらなかったと思います。

それにここはあくまで私の推測ですが、アルトリウスは分かっていたと思います。シアリーズがセリカであることもフィーがお腹の子供であることも。
それが分かっていた上で、ラフィとベルベットを騙し、利用し、
さらには神衣を完成させるためにシアリーズに制約をかけていたと私は思います。

メルキオルについてですが、彼は最初からアルトリウスを理想のために利用するつもりだったと思います。
セリカたちを助けなかったのもアルトリウスが業魔に、そして業深き人間に憎しみを覚える良い好機だと思ったのでしょう。
私は「アバル村の人々が野盗にアーサー一家を売った」というのにもメルキオルが一枚噛んでるような気がしてなりません。

質問した人からのコメント

2018/7/2 21:19:50

丁寧に回答ありがとうございます。 やはりシアリーズがセリカとしての記憶が戻ったと伝えても、もう導師アルトリウスは止まることが出来ずに、アーサーには戻れなかったのでしょうね。

メルキオルはあの業魔の事件にも一枚かんでいてああなるように誘導したかもしれないのですね、その可能性もあると自分も感じました。

BAに選ばせていただきますね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

awp********さん

2018/6/2922:29:40

シアリーズ自身が自分はセリカじゃないと言っていましたしアルトリウスにとっては記憶を持っただけのまがい物でしかないと思います
だからこそまがい物の自分ではなくベルベットに託したということでしょうね
だからシアリーズが何を言ってももう計画はやめなかったでしょうね

moc********さん

2018/6/2707:48:10

(1)告げていたらどうなっていたか?(2)メルキオルは力を貸して欲しかった?
ということですが、

(1)ストーリーに変化はありません。
シアリーズがアルトリウスを憎んでいた以上、自分がセリカであることを告げるかどうかと、家族に戻ることを嘆願するかどうかは関係がないと考えるのが妥当です。

つまり、アルトリウスがどう行動するかはさておき、少なくともセリカにとっては家族に戻ることは容認できない選択肢であった可能性が高いため、単に記憶が戻った旨を告げることでその態度が変わるとはいえません。
そして、そのようなシアリーズをみて、アルトリウスがセリカが帰ってきたと考えることにもやや無理がありますので、やはりストーリーに変化はないといえるでしょう。

(2)おっしゃる通りだと思います。
業魔から世界を救うための必要な犠牲として、メルキオルは生贄を手段的に考えていたことは間違いないでしょう。もし加勢して助けていれば、対魔士の目的と矛盾します。
ベルセリアのテーマはトロッコ問題とおんなじですね。古くから議論された哲学の主題だから、面白いんでしょう。

https://rationaloptimist.wordpress.com/2014/05/24/utilitarianism-is...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる