ここから本文です

一式陸攻関連の本を読んでいて「日本は四発爆撃機にはついに到達できなかった、機...

AKIRAさん

2018/6/2815:26:36

一式陸攻関連の本を読んでいて「日本は四発爆撃機にはついに到達できなかった、機体設計、四台のエンジンの制御など解決に至らない問題が多々残された」みたいな文章がありました。

ところで「二式大艇」はどう考えれば良いのでしょうか?
船の科学館に何度も見に行きました。今は九州?

閲覧数:
61
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2018/6/2815:41:40

九七大艇、2式大艇、深山、連山・・・
少数ではありますが、それなりに4発機は生産されています。
勿論、技術的には経験値が少ないゆえのノウハウ不足なども有ったでしょうが、解決に至らなかった訳ではありませんね。
むしろ、解決できなかったのは運用方針や予算獲得の方ではなかったかと。

ただ、2式大艇は水上機ですから機体への荷重分布など陸上機とは異なる面もありますから、ただ単に脚を付ければ陸上機になる訳ではありません。

  • 質問者

    AKIRAさん

    2018/6/2815:49:53

    ご教授感謝です。至らなかったというより環境がそれを許さなかったということですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/6/28 16:12:47

お付き合い感謝です

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる