ここから本文です

税金についての質問です。

アバター

ID非公開さん

2018/6/2821:50:34

税金についての質問です。

30年以上前に父親が借地権付き一戸建てを購入(価格は1000万円位)
20年位前に家屋が次男へ名義変更、(借地権契約者は父親)
その5年後、15年位前に長男へ家屋の名義及び地主と借地権契約

10年位前に長男が近所に住宅を購入
両親とともに居住

上記の借地権住宅には次男が今も居住中

この借地権を500万円前後で売ることになったそうです。

現在の借地権所有者である長男には売買価格の20%位の税金がかかるのでしょうか?
長期所有や買い替え等の税金の軽減などは受けられないのでしょうか?


どなたかアドバイスをよろしくお願いいたします。

補足ちなみに、借地権住宅に居住中の次男は住宅を購入予定だそうです。

借地権を次男に名義変更した後の、借地権売却のほうが税金は安くなるのでしょうか?

アドバイスよろしくお願いいたします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
52
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

don********さん

2018/6/2917:45:19

現在の借地権所有者である長男には売買価格の20%位の税金がかかるのでしょうか?
→売却益には課税されます。
→承諾料も必要です。

長期所有や買い替え等の税金の軽減などは受けられないのでしょうか?
→自治体によってはあるかもしれませんが、基本ないと思っていてイイでしょう。

借地権を次男に名義変更した後の、借地権売却のほうが税金は安くなるのでしょうか?
→税金は安くなりません。
→登記費用などコストはかかるので名義変更はしない方が良いです。
→名義変更の際に適切な価格で売却しないと、親族間の譲渡とみなされ譲渡税が課税されます。

アバター

質問した人からのコメント

2018/6/30 15:10:08

ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる