ここから本文です

やはり落語では滑稽噺よりも人情噺の方が格上の感があるのですか? 通常、前座...

hon********さん

2018/6/2921:21:08

やはり落語では滑稽噺よりも人情噺の方が格上の感があるのですか?

通常、前座や二つ目が寄席などで人情噺は演じられませんよね?

滑稽噺ばかりになると思うのですけど、つまり前座が演じられないから人情噺の方が格上的な風に落語界では考えられているのでしょうか?

閲覧数:
141
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kpp********さん

2018/6/2921:53:29

前座や二つ目が人情噺を演じないのは、単に持ち時間の問題です。
格上・格下の問題ではありません。

ほとんどの噺家は、「人情噺なんて筋を語れば客は聴いてくれるから楽。
滑稽噺で笑わせるほうが難しい」と考えています。
人情噺が格上だと思っているのは、客のほうです。

先代の桂文治さんは、「寄席という所は、お客様は笑いに来るんだ。
だから俺は滑稽噺しかやらない」と言っていました。
それも一つの見識だと思います。

質問した人からのコメント

2018/7/6 21:02:44

勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hir********さん

2018/6/3021:19:56

そもそも、人情噺は長いんです。

で、すごく昔の話になりますが、人情噺は1日で終わらなかったんだそうです。

なので、続きをお客さんが聞きに来ます。
来てもらわねばならないのです。

なのでこのような一晩で終わらない話は、実力のある真打がやるのです。

その名残でそのような格差を感じるのかもしれません。

私は感じませんが。

eli********さん

2018/6/3010:42:32

>やはり落語では滑稽噺よりも人情噺の方が格上の感があるのですか?

何んとなく、そう思ってる人もいるような気もします。
まあ、統計をとったわけじゃなく、あくまでも私の感覚ですが。
そして、私自身がそう思ってるかどうかと問われれば「否」です。
人情噺はあまり好きではありません。
もちろん格上だとも思いません。
落語といえば滑稽噺でしょう! というのが私個人の落語偏愛の所以です。


>つまり前座が演じられないから人情噺の方が格上的な風に落語界では考えられているのでしょうか?

別にそんなことないと思います。
むしろ、人情噺で泣かせるより滑稽噺で笑わせる方が大変だからこそ、前座には滑稽噺から覚えさせるのでは? と考えたりします。私個人の推論です。

まあ、落語に限らず演劇でも映画でも、何故か喜劇より悲劇の格上って感じでとらえられることが多いような気がします。
それもまたおなじことで。泣かせるより笑わせる方が数倍大変だと思います。
おそらく喜劇人は皆そう思っていることでしょう。そして優れた喜劇人ほど悲劇も見事に演じられる……と。

プロフィール画像

カテゴリマスター

oob********さん

2018/6/2921:43:35

人情噺、長いのが多いから。
寄席だとトリの人しかできません。

格上・格下ということはないと思います。
人を笑わせるのも技量が要りますよ。

o_o********さん

2018/6/2921:24:58

滑稽噺は客を笑わすだけで良い。
人情噺は客を笑わせて泣かせなきゃなんない。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる