ここから本文です

サンショウウオ、イモリ、ウーパールーパー これらは、どうちがうんでしょうか...

カノンさん

2018/6/3002:07:09

サンショウウオ、イモリ、ウーパールーパー

これらは、どうちがうんでしょうか?
生態的に、なにかちがうんでしょうか?

いろいろ調べたのですが、いまいち違いが分かりません

閲覧数:
54
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

che********さん

2018/6/3007:21:40

三種とも両生類有尾目ですが、ウーパールーパーは本来なら鰓呼吸の幼生形態から鰓が消えて肺呼吸の成体に変わる一般的な有尾目とは違い、幼生のまま成熟します。一生幼生の形態のままです。このように幼体の特徴を残したまま成熟する事を生物学では幼形成熟、ネオテニーと呼びます。
イモリとサンショウウオの違いは受精の仕方と卵の産み方です。

イモリは受精する際は体内で受精し、水草などに一つずつ卵を産み付けていきますが、
サンショウウオは卵嚢というゼリー状のものに卵が包まれた状態で複数の卵を産みます。
それとメスが卵が生み出してからオスが精子を放出して受精する体外受精です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pla********さん

2018/6/3018:29:35

日本語で日本原産のイモリとサンショウウオなら体内受精体外受精、バラ産み卵のう産みで大体合ってるんですけどね。
英語では一般的にイモリはニュート( newt)、サンショウウオはサラマンダー(salamander)と訳されますが、そうなるともうムチャクチャで収拾がつかないです。

どの条件で分けても例外は出ますし、一般的な認識と分類上の違い、英語と日本語の指す種類などの違いが大きすぎますので、あまり深く考えない方がいいと思います。

それこそ、白人と黒人でもいいですし、蝶と蛾の違いくらいに考えた方が気が楽です。


ウーパールーパーについてはは他の方が答えてらっしゃる通りです。

2018/6/3008:07:13

両生類を大きく分けると、無尾目(カエルの仲間)、有尾目(イモリやサンショウウオの仲間)、無足目(アシナシイモリの仲間)の、三つのグループが含まれます。

このうち、有尾目の中で、イモリ科にふくまれる種類の総称を“イモリ”と呼び、それ以外のすべてのグループ(サンショウウオ科、トラフサンショウウオ科、アメリカサンショウウオ科、オオサンショウウオ科など)にふくまれる種類を総称して、“サンショウウオ”と呼ぶことが多いです。


イモリとサンショウウオの、生態的な違いについては、すでに先の方の回答がありますが、それ以外の外見上の違いとしては、サンショウウオの皮膚は普通はなめらかでツルッとしているが、イモリの皮膚には細かい凹凸があって、ざらざらした感じに見える…といった違いもあります。(ただし、これには例外もあり、イモリの仲間でもファイアーサラマンダーなどは、なめらかな皮膚をしている)


ウーパールーパーというのは、サンショウウオの仲間のメキシコサンショウウオ(トラフサンショウウオ科)という種類の、幼形成熟する個体(いわゆるネオテニー)の通称です。
(幼形成熟とは、大人になっても変態せずに、一生、えらのある幼生の姿のままで、産卵などの生殖活動を行なう個体のことです。…ちなみに日本でも、エゾサンショウウオには幼形成熟する個体群がいることが分かっています。)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる