協議離婚を予定しています。ローン残のあるマンションが財産分与の問題となって話が進んでいません。 財産分与のマンション以外は夫の退職金で、5年後にかなりまとまった額を受取る予定です。

協議離婚を予定しています。ローン残のあるマンションが財産分与の問題となって話が進んでいません。 財産分与のマンション以外は夫の退職金で、5年後にかなりまとまった額を受取る予定です。 ローンは残り5年弱で約600万円です。現在別居中で夫が一人で住み、ローンを支払っています。 婚姻期間部分の退職金を2等分、マンションを売却して売却益を2等分すればいいのですが、マンションを手元に残したまま離婚したいと考えています。 ローンが完済するまでは何も動けないと思っていましたが、両親と兄弟がお金を貸してくれそうです。 600万円を夫に渡し、ローンを完済して離婚協議を進めて、財産分与としてマンションの権利をもらうことは可能でしょうか。その場合、退職金の分与分はもらいません。退職金分与分を相殺してもマンションの売却益1/2の方が500万円位は多いです。 もしくは夫にマンションの権利を渡した場合、私の財産分与としてどのような方法が考えられるでしょうか。お互い現在の預貯金は150万円程度です。 もうひとつ、家族への借金ですが、そんなに大金を借りたことがないのですが、500万円程度を貸し借りした場合、貸した家族と借りた私は何か問題等が起こりますか?(たとえば税金とか) ややこしい質問で申し訳ありませんが、どなたかお知恵をお貸しくださるとありがたいです。 よろしくお願いします。

法律相談105閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

少し混乱しているようにも見受けられます。 マンションと退職金、預金とわけて考えた方がいいと思います。(預金は同額なので、互いの名義のものをもち合ということで、ここでは対象から外します。) あと年金分割がありますが、当然、協議中と推察いたします。 ①マンション あなたが、夫にマンションの純資産価値の半分を支払うとともに、夫名義のローン残債を期前返済して、マンションの所有権を得たいという考え方でいるということと理解しました。又、頭金等、実親からの贈与など特有財産がないものと仮定しています。 マンションの純資産価値(質問者が売却益と言っているもの)=時価―現在のローン残 夫の取り分は、純資産価値の1/2ですから、妻がマンションを所有権の分与を受けるなら、純資産価値の1/2(A)を夫に支払ってかつ残債を引き受ける必要があります。 この辺の詳細な考え方は、以下URLを参考にして下さい。 http://nirenoki-office.jp/property_division.html#060 尚、本当は、ローン残は、別居時のローン残を適用するのが正式な考え方です。 別居して、夫婦の協力扶助がなくなるので、共有財産は別居移行後は形成されず、別居移行以降のローン返済額は、夫の特有財産になるというのが、多数説の考え方です。 ②退職金 定年退職金×(婚姻期間/入職・在職期間)が、分与対象で、その1/2が妻の取り分(B)です。退職金の財産分与については、下記URLを参考にして下さい。 http://nirenoki-office.jp/property_division.html#104 ①と②をまとめると、夫から妻への分与額は下記の通りとなります。 B―A(夫の持分への補償)、B>Aであれば、夫の支払い、B<Aであれば、妻の支払いとなります。貸し借りの話はよく理解できませんので、パスさせて頂きます。 10年以上家裁の調停委員として調停実務に携わってきた者のコメントです

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんどうもありがとうございます。 マンションの所有権を得るには、夫にマンションの純資産価値の半分を支払い、ローン残債を期前返済するということがわかり、大変ためになりました。 金額的に無理そうですが。。。 詳しい説明のあるサイトも教えていただきありがとうございます。

お礼日時:2018/7/6 9:34