ここから本文です

投票受付終了まであと2日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

おはようございます。一点質問があります。 扇風機についてです。 普通のよ...

rkc********さん

2018/7/407:01:10

おはようございます。一点質問があります。

扇風機についてです。

普通のよくある羽がある扇風機、ダイソンの羽なし扇風機、スリムなタワーファン。

大まかに分けてこんな感じになると

思うんですが何がどう違うんでしょうか?

タワーファンはただスリムなだけですか?扇風機ではないんですか?

それぞれの特徴や欠点など教えていただけませんか?

閲覧数:
36
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

mat********さん

2018/7/410:23:05

従来のはね扇風機以外は、いずれも、空気の吸入口にほこりがたまりますので、定期的にフィルター掃除が必要です。以上

f_3********さん

2018/7/410:16:11

タワー型はシロッコファンと呼ばれるエアコン等で使われているファンでエアコンを下から覗くと黒いファンが見えますがそれがシロッコファンです。
中には小さな羽根を幾つもつけている物もあります。

ダイソンはモーターに極小のファンが着いていて(コードレス掃除機、扇風機、ドライヤー型番多少の違いはありますが全てダイソンは同様なモーターです)それを風を出す部分がジェット機のエンジン部分のような構造になっていて12倍に増幅させて出しています、とはいえ回転数を上げないと風量を出せないので音や電気代は高めになりますのでヘパフィルタをモーター部分につけて防音と空気清浄の役目をさせています。
空気清浄機能自体の能力は低いですが防音効果はそれなりにあります。

タワー型は内部が汚れても自身で分解出来なければ掃除不可能ですので出来ないと思ってください。
殆どはシロッコファンですが、デザイン的に普通の羽が幾つも着いているタイプは必然と電気代が高めになります。

普通の扇風機は最近では羽の形状を変えて柔らかい風を出すものも出ていますし、掃除もカバーを外せば出来ます。
形状もありますが羽が大きいほど風量に対して回転数を抑えられるので大きいほど風量に対しての電気代も音も小さくなりますし、強い風が出せます。

ダイソンの扇風機はヘパフィルタが着いていないモデルは音が大きめで内部も汚れます。
風が柔らかいので物足りなさを感じる人もいます。
電気代も若干高めになります。

形状の昭和感を気にしなければ従来型扇風機が進化もしてますし一番使い勝手が良いです。

nic********さん

2018/7/407:56:32

普通の羽根の見える扇風機・・・スペースを取ります、掃除など手入れは簡単です。
お子さんのいる家庭ではガードの隙間に指を挟まないように注意が必要ですね。

タワー型扇風機・・・扇風機の部類です、ファンの構造が「シロッコファン」というタイプで天井換気扇などと同じ構造です・
スペースをとらず最近は多くなっているようです、わが家でも去年から使っています。
フィルターの掃除はこまめにしないといけません。

羽根の見えない扇風機・・・羽根が無いのではなくて隠れているだけです。
回転部分が隠れているので、小さなお子さんのいる家庭では安全性の点では良いかもしれません。
こちらもフィルターの掃除はこまめに・・・
使った方の中にはうるさいと言う方もおられます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる