コニカとミノルタの合併は結果的に良かったのでしょうか??

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

単にカメラ部門だけを考えたら、合併は失敗だったかもしれませんね。それはペンタックスとホヤのM&Aの場合は、ペンタックスブランドのままカメラ部門を残した例がありますから、ソニーにカメラ部門を譲渡しなくても良い方法が有ったのかもしれません。それをしなかった訳ですから単にカメラ部門だけを考えたら失敗だったでしょう。 しかしどちらの会社もカメラ部門以外の製品を作っています。例えばコピー機で言えばどちらもマイナーブランドでしたが、合併することでマイナーなりに合併前と比べたら強いブランドになった感じを受けます。 ペンタックスとホヤのM&Aの場合は、ホヤ側としてはペンタックスのカメラ部門と言うより医療器具部門や測定機器部門が魅力で合併したと聞きます。それと同様で、コニカとミノルタのM&Aの場合はコニカの医療機器部門にミノルタが魅力を感じ、ミノルタの新たな技術を導入して一早く他社とは違う一歩先んじた製品作りが出来る工業技術にコニカは魅力を感じたんだろうと思います。そう言う両社の思惑が美味い事行って今まで以上の質の良い製品が作れれば、結果としてこのM&Aは成功だと思います。 結果としてのカメラ部門の撤退と言う一部の事だけで、合併は失敗と決め付けて考えない方が良いでしょう。京セラだってコンタックス事業部と言うカメラ部門を撤退しましたが、会社全体としては十分利益を出している優良会社です。同じ例では洗濯石鹸等で有名な花王も昔はフロッピーディスクを作っていましたが、今は撤退しています。でも花王事態は黒字の優良会社です。 以上より合併した後の1つの会社の1部門が撤退したからと言って、合併は失敗と考えるのは早計過ぎると思います。 コニカミノルタの合併は失敗だったのではないか? A.カメラ部門に関しては、Yes! 成功だったら、カメラ部門をソニーに売ったりしません。 コニカRevioもミノルタDIMAGEも、もっと、もっと、飛躍できたはずです。 皮肉な事は、当時、コニカミノルタよりも更に業績が悪化していた、ペンタックスは国内企業は誰も相手にせず、韓国サムソングループひろわれたお陰で、業績も回復し現在に至っている事です。 本来、写真を撮る道具としては不要な超多機能はサムソン側からの意向とのこと。 ミノルタファンとして、唯一の救いは、一眼レフ部門がソニーで頑張ってくれているところです。 ただ、ソニーにはコンパクトデジタルのサイバーショットがありました。 旧コニカと旧ミノルタのコンパクトデジタル部門の社員は、冷や水を浴びています。