ここから本文です

高校1年・生物の質問です

アバター

ID非公開さん

2018/7/519:47:42

高校1年・生物の質問です

今日、生物で、遺伝子はDNA(4種のヌクレオチド)かタンパク質(20種のアミノ酸)か、というのを発見するまでの歴史を習いました

グリフィスが、肺炎球菌のS型・R型を見つけ
S型(多糖類のカプセルあり)をネズミに注射すると死に、R型(カプセルなし)では、死にません
しかし、S型を加熱殺菌し、それをネズミに注射すると死にません
R型とS型の加熱殺菌をしたものを混ぜ、ネズミに注射すると形質転換し、S型になってネズミは死ぬ

ここまではよいのですが、
エイブリーらの発見の意味がよくわかりません
死んだネズミからS型を抽出し、すりつぶして抽出液にする
それをネズミに注射すると、S型は死んでいる?ので、ネズミは死なない
しかし、R型と混ぜて注射すると、S型に形質転換し、死ぬ

抽出液を、『タンパク質分解酵素で処理する』=DNAのみのこる
これをR型に混ぜるとネズミは死ぬ

抽出液を、『DNA分解酵素で処理する』=タンパク質はそのまま
これもR型に混ぜるとネズミは死なない

→遺伝子はDNAである

となるそうです

・最後の2つから、抽出液には主にDNAとタンパク質が含まれてるということになりますよね?
どうしてそれらが含まれているのでしょうか?

・抽出液をタンパク質分解酵素で処理してR型に混ぜて注射するとネズミが死ぬ、DNA分解酵素で処理して同じことをするとネズミは死なない、ということから、遺伝子はDNAだとわかるのでしょうか?

この2点がわかりませんっ(>_<)

※エイブリーらの発見は、完全にそうである、と言いきれないと言われ、もう1人が遺伝子はDNAだと断定した、とも言われましたが、その人のことは次の授業で触れます!

閲覧数:
22
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

iwa********さん

2018/7/521:55:32

抽出液はその細胞で溶液になるものすべてということです。DNAもタンパク質も溶解しています(膜のタンパク質などは溶けていません)。抽出液にはそのほかにもイオンとか様々な物質が含まれていますが、前提としてこのような遺伝形質はタンパク質なのかDNAなのかという問題が起きていました。なので、その他の化合物は考慮の対象外になっています。
タンパク質分解酵素で処理した=タンパク質ではなくなった=です。それでもネズミが死ぬので、タンパク質は関係しないことになります。DNAかタンパク質のどちらかという前提があるので、DNAを分解すれば死ななくなるので、やはりDNAだという結論が導き出されます。

次回というのはおそらくハーシーとチェイスの実験だと思います。今度はファージ(細菌に感染するウイルス)での実験ですが、まあ、念押しの実験という程度だと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/7/606:50:29

    抽出液の中のDNA等は死んだネズミの細胞を抽出してすり潰した、ということでしょうか
    それらをまとめて、S型を抽出、という表現をしているのですか?

    形質転換は、違う遺伝子が入ることでする反応ということですか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/12 16:52:00

ありがうごさいましたっ
わかった気がしますっ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる