ここから本文です

「させてもらう」の主語は「ウチ」?「ソト」?

jen********さん

2018/7/611:01:10

「させてもらう」の主語は「ウチ」?「ソト」?

こんにちは。日本語を勉強している中国人です。よろしくお願いします。
「わたしにも意見を言わせてもらいたいです」と「わたしも意見を言わせてもらいたいです」と、どちらが正しい言い方ですか。「~てもらう」の場合は主語は普段「わたし」または「ウチの人」のほうがより多いようですが、例えば「わたしは田中さんに傘を貸してもらいました」のように、「~てもらう」の場合は主語はいつも「わたし」または「ウチの人」である気がするんですが、「させてもらう」の場合は主語はどうなりますか。また「ウチの人」ですか、それとも「ソトの人」になりますか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「させてもらう」についてもう一つ聞きたいことがありまして、選択問題です。
甲:私が( )。
乙:ええ、ぜひお願いします。
A 助けていただけます
B 助けさせていただきます
C 助けてさしあげましょうか
D ご助けさしあげましょうか

どれが正しいですか。
わたしはBが正しい選択だと思いますが、もしほんとうにBの「わたしが助けさせていただきます」の方が正しければ、初めの質問「わたしにも意見をいたせてもらいたいです」の文の助詞のところと矛盾するんじゃないかと私は考えているんですが…でも、「わたしに助けさせていただきます」はあんまり言わないような気がしますし…

以上です。
よろしくお願いします。

閲覧数:
52
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

wat********さん

2018/7/703:18:47

①「わたしにも意見を言わせてもらいたいです。」
②「わたしも意見を言わせてもらいたいです。」

①から助詞「に」を省いたら②になります。①の場合には、「わたしに言わせる」という使役の形がはっきり残っていますが、②では、「わたしも・・・もらいたい」のほうに意識が移動しているので、使役に必要であった「に」が省略されているのです。

>「~てもらう」の場合は主語は普段「わたし」または「ウチの人」
> のほうがより多いようです

そのとおりです。以下、すべての文を言うことができますが、
使用頻度で言えば、意味の観点から、⑴がもっとも自然でしょう。

⑴「わたしは田中さんに傘を貸してもらいました。」
⑵「あなたは田中さんに傘を貸してもらいました。」
⑶「川本さんは田中さんに傘を貸してもらいました。」

> 「~てもらう」の場合は主語はいつも
> 「わたし」または「ウチの人」である気がする

「いつも」ではありません。上の⑴⑵⑶をもう一度ご覧ください。

> 「させてもらう」の場合は主語はどうなりますか。

「〜てもらう」と基本は同じです。

・・・・・

甲:私が助けていただけます。(A)
乙:え、そうなんですか。

甲:私が助けさせていただきます。(B)
乙:そういうことなら、ぜひお願いします。

甲:私が助けてさしあげましょうか。(C)
乙:ええ、ぜひお願いします。

甲:私がご助けさしあげましょうか。(D)非文
乙:ええ、ぜひお願いします。

③ 私に助けさせていただきます。
④ 私にも助けさせていただきます。
⑤ 私が助けさせていただきます。

③では、「助けさせて」という使役に対して助詞「に」がつきます。④では、「に」に「も」がつけ加わっています。⑤では、「いただく」に対して主語を表す助詞「が」がつきます。

では、BとCのどちらが適切か考えてみましょう。Bは押しつけがましいです。Cは疑問なので、相手は断りたいときには断りやすいです。

なお、日本語の主語を表す助詞は「が」です。「は」は主題を表します。混同しないように。多くの場合は、主語が主題なので、主語を表すのは「は」のように見えますが、主語と主題とは別のものです。

わたしが+は→わたしは(「が」は強制省略)
わたしを+は→わたしを/わたしをば(「をば」は古い形)
わたしに+は→わたし(に)は(「に」は文により省かれることがある)
わたしから+は→わたしからは(「から」は省かれない)

「に」の省かれる例
「わたしには寒い。」→「わたしは寒い。」
「わたしには妹が3人いる。」→「わたしは妹が3人いる。」

  • 質問者

    jen********さん

    2018/7/821:29:43

    ありがとうございます。
    もう一つ聞いてよろしいですか。
    「私も意見を言わせていただきます」の場合は「私」は主語ですね?
    「私にも」になったら、「私」は相変わらず主語ですか?
    助詞「に」は主語を示す機能がありますか。
    「に」で対象語を示す場合が多いでしょう?
    例:私は吉村さんに会いました。加藤さんにも会いました。
    ここの「にも」はOKですね?
    対象語を示す「に」は主語または主題を示す機能がありますか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/7/11 20:42:28

丁寧に答えていただきまして、誠にありがとうございます。
回答者さんの説明が非常に詳しく、わかりやすいと思いますので、ベストアンサーにさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

raw********さん

2018/7/618:57:11

①「わたしにも意見を言わせてもらいたいです」
②「わたしも意見を言わせてもらいたいです」

どちらも正しい。
①「わたし“にも”」の「に」は②の強調表現。<他の人だけでなく、私も>というニュアンス。
②「わたしも」は、<他の人だけでなく>という含意の表現。

「~させていただく」は、

【基本的には,自分側が行うことを,
ア)相手側又は第三者の許可を受けて行い,
イ)そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合に使われる。
したがって,ア),イ)の条件をどの程度満たすかによって,「発表させていただく」など,「…(さ)せていただく」を用いた表現には,適切な場合と,余り適切だとは言えない場合とがある。】
(『敬語の指針』文化審議会国語分科会答申)

ということで、上記例文の場合には、意見を言うことで、イ)の恩恵を受ける気持ちが強いとは言い難く、適切な表現であるとは言えない。

また、「もらいたいです」(「もらいたい」+「です」)という表現は、稚拙な表現ですので、
「わたし(に)も意見を言わせて“ください”」
「わたし(に)も意見を言わせて“いただきたい”」→「わたし(に)も意見を言わせて“いただけませんか”」
などというほうがよい。


A 助けていただけます→✖
→私本人が「誰かに助けてもらう」と一方的に宣言すること。

B 助けさせていただきます→✖
→私が相手の許可を得て助けることによって、私が何らかの恩恵を被るというニュアンスになる。

C 助けてさしあげましょうか→○
→OK。「~てさしあげる」は、「~てやる」の謙譲語の表現。自分の行為・動作を低め、相手を高める表現。

D ご助けさしあげましょうか→✖
→和語に「ご」はつかない。つけるとすれば「お」である。また、「ご(お)助け」は、物ではないので、差し上げる(献上する)ことはできない

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oyo********さん

2018/7/613:01:27

下の問題はCでしょうね。あとは、会話が不自然になります。
「ええ、ぜひお願いします」という回答から、何か乙にとって役に立つ申し出があったとわかります。そのため、Aはまずなくなります。Dの「ご助け」という言い方はありませんので、これも除くと、BかCということになります。
ここでBの「助けさせていただきます」ですが、このような言い方は不自然です。「お手伝いさせていただきます」なら、よくある言い回しですが、「助けさせていただく」は、あまりにへり下りすぎて違和感があります。よって、一番自然なのは「C」です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

omo********さん

2018/7/611:07:35

私にも、私も、どちらも可です。

ウチの人、ソトの人はちょっとよくわかりませんね。
一般的には使いません。

選択問題はBとCがいちおう通じますが、
どちらも不自然な印象を受けました。
AとDは全くだめです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる