ここから本文です

岡山県津山市の矢筈城について質問します。

ano********さん

2018/7/804:41:59

岡山県津山市の矢筈城について質問します。

「天文11年(1542年)毛利氏に属したが、のち、備中高松城合戦の和議条件として美作国は宇喜多氏へ割譲することとなると、草苅重継もこれに対抗して、なかなか城を明け渡さなかったが、度重なる説得により天正12年(1584年)開城することとなった。尼子氏、宇喜多氏、羽柴氏などによる度々の攻撃にも一度も落城しなかった矢筈城もこれで廃城となった。」

あるサイトから引用した矢筈城の歴史ですが、この草刈重継という武将について教えてください。

戦後、毛利氏の家臣となり、小早川氏の家臣となり、再び、毛利氏の家臣になったようですが、武勇のほどや、人となりを知る逸話などございますか?

また、矢筈城跡は、写真等見る限り、かなり見応えがあり、広大な山城のようですが、登山はきついのですか?

高いところがあまり得意でない人には厳しいのでしょうか?

閲覧数:
50
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2018/7/916:06:34

直接回答では無いけど御免なさい。

私は戦国史も好きですが、日本の山も好きでして、「日本の名山百選」という本が在ります。その中に「那岐山」というのがありまして、古くからの信仰の対象だったそうです。中国地方では大山と並ぶ峻険な山です。
お尋ねの矢筈城は、兵庫県側とは反対の裏手側にあった。

私の知るところでは、尼子晴久(指揮官は川副久盛)の美作・播磨侵攻に際し、兵庫県側の名族・有元氏一党は即降伏しますが、矢筈の草刈氏は自然の利を生かし、頑として抵抗し守り抜いたとのことです。この程度しか存じ上げず申し訳ない。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる