ここから本文です

今の藤井七段に欠けているものは?

ano********さん

2018/7/823:41:12

今の藤井七段に欠けているものは?

一昨年のデビュー以来、驚異的な強さで勝ち続けている藤井七段。そう遠くない将来、タイトルを獲得し、いずれ棋界を代表する名棋士になることは疑いありません。
しかし、今期に関しては竜王戦、王座戦で立て続けに敗れ、大一番で勝てない印象が拭えません。

今の彼に欠けているものは何でしょうか。

閲覧数:
304
回答数:
9
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gol********さん

2018/7/823:47:25

高校生活との両立で
疲れを残さず対局に専念できるリズムを作ることでしょうね。

羽生竜王が高校生のころはそれが出来ずに
高校を辞めて通信制に転校しまいました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

uma********さん

2018/7/1123:18:02

>今の藤井七段に欠けているものは?
ないでしょう。

目先の勝利にこだわらず、相手棋士の棋譜分析もしないそうです。
普通、対局までの期間は弱点を捜し、攻略を画策するでしょう。
明日勝つ事より、むしろ相手の得意戦法を見せてもらい、負けても
何年か先に、全方位対応の将棋を完成したいと考えているのです。

一方、対戦相手は、藤井七段の棋譜を徹底分析、弱点を探し、
突いてきます。だから、負けても仕方ないと思います。
将棋は、負けて強くなります。負けた将棋を解析して、自分の
読み落ちを埋めていくのです。

すでに詰将棋は全国トップ、三倍とも言われる読みの速さを序中盤
に生かす方法さえ、会得すれば、無敵になるでしょう。

say********さん

2018/7/1121:48:42

よくわかりませんが、経験値が不足しているのでしょうか。

本年度の銀河戦では、どこまで勝ち進むのだろうかと皆注目していましたが、2回戦であっけなく上村4段にやられました。横歩取りでしたが、その際、解説の佐藤慎一5段が藤井当時4段の歩を多用して王手飛車をかける戦法に疑問を抱いていましたが横歩取りでは歩の数が重要だそうで、歩切れとなった藤井を早い時点から不利と解説していました。素人にはわかりませんが、こういう戦術的知識、さまざまな書かれざる奥義がまだ経験不足から欠落しているのでしょうか。

しかし、そうでもないでしょうか。素人なのでわかりません

sug********さん

2018/7/1100:25:06

後手番になった時のトップ棋士に対する対策。

g00********さん

2018/7/1008:20:06

藤井七段が将棋に関して
欠けているものがあると言うなら、

他の棋士は、ゴミクズだらけと
言っていることになる。

wan********さん

2018/7/919:40:08

足らないものはあっても、欠けているものはないと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる