ここから本文です

メダカとエビとタニシを飼おうと思ってます。

アバター

ID非公開さん

2018/7/1001:08:35

メダカとエビとタニシを飼おうと思ってます。

室内に比べ屋外で飼うと水換えや餌の面倒をみなくても良いと聞きました。餌はボウフラなど自然にいる虫が餌になるのは分かるのですが、質問はメダカの糞についてです。

室内で飼育だと、糞の清掃を怠るとメダカが病気になったりカビが生えるとネットに書いてたのですが、屋外でも同じ様に糞は溜まると思うのですが、水の入れ替えすら必要ないというのは何故でしょうか?

閲覧数:
167
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2018/7/1002:58:40

それをバクテリアなど微生物が分解したり水草や藻が栄養にしたりします。
私も屋外で育てていますが、立ち上げから2年水換えなしで足し水のみです。餌はこまめに多くやっていますが、緑になる事もなく透明なままです。
ただ、夏場は水がぬるま湯になりますのでメダカは平気でもエビが耐えられるかどうかですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

cho********さん

2018/7/1014:43:07

基本のメダカの飼育方法は
室内も屋外も同じです。
水質や水温、餌の量や過密度合いなどに合わせて
メンテをしないと崩壊します。

室内水槽は観賞メインで
透明な水槽を使うと思いますが、
日光を当てると側面からも光が入り
水温変動が激しくなったり苔まみれになるので
直射日光の当たらない、
温度変化の少ない場所に水槽を設置する。
暗い場所なら照明を付けます。
5匹程度なら10Lくらいの水槽でも
維持できますが、閉鎖空間で止水だと
水の痛みが早くなるので
濾過装置を付けてエアレーションした方がいい。
水換え掃除を適度にするなら
メダカ1匹につき1L程度でも維持できる様になります。

屋外は水温変動が起こりやすいので、
最低水量20L以上で水深20cm以上の
側面から光が入らないよう不透明な容器を使います。
上見になるのでミユキメダカなどが綺麗。
午前中日光が当たる半日陰くらいの
風通しの良い場所に水槽を設置。
風で水面が揺れる事でエアレーション効果があり、
日光が照明の代わりになります。
装置類ナシならメダカ1匹につき最低2〜3L以上確保。
放置気味に飼育したいなら30Lで2〜3匹とか
見た目にかなり寂しいくらい過疎状態でないと維持できない。
※それでも最初は餌やりや水換えが必要。

ボウフラのいる容器にメダカを入れた動画を
検索して見ればわかりますが、
ものすごい勢いで食べ尽くしますよ…。

屋外飼育のデメリットは、
ネットなどでガードしないと猫や鳥などの害獣や
トンボのヤゴなどに襲われる事がある。
人間にイタズラや持ち逃げされる事もあるよう…。
冬の間は底に沈んで動かなくなるので観賞できません。
雨が大量に入ると溢れてメダカが流出する事があるので、
蓋をしたり、側面に穴を開けておくなど対処が必要。

濾過バクテリアのいる安定した水だと
残飯や糞から発生する
アンモニア(猛毒)→亜硝酸(毒)→
硝酸塩(比較的無害)に変えてくれますが、
分解しきれないゴミは溜まっていきますし
硝酸塩は溜まると水が酸性に傾くので
適度に水換えや掃除が必要。
餌が足りなければ餌やりもします。

水草や植物は硝酸塩を吸ってくれます。
例えば質のよいグリーンウォーターなら
植物プランクトンが豊富で、
硝酸塩は溜まりにくくなり
アルカリ寄りの水質になります。
植物プランクトンを食べる
動物性のミジンコなどのプランクトンも沸きやすく
それらがメダカの餌になります。

ただし、デメリットもあって
濃すぎると酸欠になりやすい。
※植物も光合成してない時は酸素を吸って
二酸化炭素を出します。
水面に上がってこないと観賞しにくく
病気が発生しても発見が遅れ
いつの間にか減ったり全滅していた…
なんて事もあり得ます。

室内水槽でも水草メインで
魚などはごく少量しか入れなければ
硝酸塩やゴミが溜まりにくく、
長期足し水程度で維持できる場合があります。

長くなりましたが、
環境に合わせたメンテが必要という事です。

ggs********さん

2018/7/1007:56:10

屋外飼育の場合、
植物も植えたり浮かべる事が多いとおもうのですが、
糞が分解され、
植物の肥料となります。
屋内との違いは
土や砂、水、植物の量の違いで、
生体に対してバランスがとれやすいのではないかと思います。
また、植物の種類によっても
浄化能力に差があるようです。
この時期手軽に手に入るホテイアオイは
大量に日光が必要なため、屋外飼育向きで、
浄化能力は高いみたいですから、
水槽に入れる植物によっても、
状況は異なるのではないかと思います。


ただ、
水替えが絶対に必要ないかと言えば、
そうではなくて、
あくまでも状態が良くて安定していることと、
生体に対して水などの量が多いくらいに適切であることで、
水替えが少なかったり、足し水だけで良かったりするのだと思います。

frb********さん

2018/7/1007:34:44

室内で、
「糞の清掃を怠ると病気になったりカビがはえる」
ことは今までありません。
水換えを10日ぐらいで1/3を更新する際に、底近くの汚れを捨てています。

水の入れ換えの要否は、水量によると思います。
また、汚れたら、掃除すればいいでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tan********さん

2018/7/1003:36:02

経験上、屋外飼育(特に水量が多い場合)の方が「より自然環境に近い状態」を構築できるようなイメージがあります。ただ、エサも与えず全く換水無しの足し水のみの管理は「無関心」になってしまい、ちょっとバランスが崩れた場合、異変に気付かずに一気に崩壊するリスクがあります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる