ここから本文です

回路を等価電圧源定理を使って、電圧源1個、抵抗1個から成る等価回路に変化せよと...

アバター

ID非公開さん

2018/7/1213:12:39

回路を等価電圧源定理を使って、電圧源1個、抵抗1個から成る等価回路に変化せよという問題で[1][2]に入る数字とその計算方法を教えて下さい

等価電圧源定理,等価回路,電圧源1個,計算方法,数字,電源電圧,電圧差

閲覧数:
26
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鈴木 隼さん

2018/7/1213:26:27

30Ωの方の電源電圧は0ボルト
20Ωの方の電源は100V、電圧差は100V
電圧差は100Vです、間に入っている抵抗値は50Ωだから
流れる電流値は
I=V/R=100V/50Ω=2A
電源電圧は
100V-20Ω*2A=60V、または
0V+30Ω*2A=60V
内部抵抗は
r=1/30Ω+1/20Ω=5/60Ω
r=12Ω
この12Ωに8Ωが直列で20Ω
よって、この回路を一つにすると
電圧は60Vで内部抵抗値は20Ωとなります。

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/12 17:17:47

ありがとうございます
実は答えだけは知っててなんで12Ωじゃないんだろうと悩んでました
ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる