ここから本文です

チェス 将棋 麻雀 この中でルールは何が難しいですか?また、一番出来た方がいいの...

アバター

ID非公開さん

2018/7/1223:22:47

チェス 将棋 麻雀 この中でルールは何が難しいですか?また、一番出来た方がいいのはどれですか?

閲覧数:
346
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sum********さん

2018/7/1309:58:57

ルールは多数の役を覚える必要があり、細かい規約も多い麻雀が難しいです。チェスと将棋は同じぐらいです。
逆にゲーム性は定跡を覚えたり、先を深く読まなければいけなくなるチェスや将棋のが難しいです。極めるのが困難という意味では麻雀も同じですが、中級レベルに達するのは麻雀のが簡単だと思います。

出来た方が良いのは、無難なのは最近人気の将棋、周りに麻雀好きな人がいるなら麻雀だと思います。
麻雀はギャンブルのイメージがあるので、普通の人には将棋の方が受けが良いと思いますが、麻雀は多少実力差があっても問題なく楽しめるし、レートも付けられるので、付き合いのツールとしては優秀です。
チェスは世界的には最も人気ですが、日本では人口が少ないので、海外交流などがしたいなら、というとこだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

web********さん

2018/7/1223:44:30

おそらく麻雀のルールが極ムズ。
相手が多いのも将棋か麻雀
旅行で旅館とかだと将棋ぐらいしか置いてなかったり、週末ごとに麻雀いく面子だったりは環境次第。
外国で活動しない限りチェスやろうぜって状況はあまり無いと思う

aut********さん

編集あり2018/7/1223:50:54

ルールの難しさは、チェス<将棋<麻雀の順で難しいです。

出来た方がいいかどうかはアレですが、知名度などを考慮すればチェス<麻雀<将棋でしょう。
チェスは将棋よりも簡単ですがあまり知名度はないです。
麻雀は専用の道具や、場合によっては設備がいりますし、3人か4人いないと出来ません。
将棋は2人で出来ますし、旅先の旅館などで貸出してる所も多いのでやりやすいかと。昨今の将棋ブームで知名度も跳ね上がりましたし、日本人には馴染み深いゲームの1つと言えるでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

aka********さん

2018/7/1223:46:29

ルールの難しいのは麻雀です。
できた方が良いのは麻雀だと思います。日本で一番誘われる可能性が高いのは麻雀だからです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

syo********さん

2018/7/1300:09:29

上がれれば良い、と言う本当に最低限のルールだけなら麻雀が一番簡単です。
一部例外はありますが、三枚一組のグループを4つと同じ牌2枚のグループを一つ作る、それに何かしらの役を組み込むだけですから。
最後の一枚は自分で引いても良いし、他の誰かが捨てた牌が最後の一枚に必要な牌だった場合でも上がれます。
役はよくわからかければ他の人の牌を貰うことなく(ポンやチー等)「後1枚で形が完成する」と言う状態にしてリーチをかければとりあえずは上がれます。
リーチ自体が役になりますから。
…ただ、役の数はそれなりに多いですし、点数計算もややこしいのでしっかり覚えようと思うと3つのゲームの中では一番面倒な部類に入ります。
将棋とチェスは大差ありませんが、若干将棋の方が複雑なルールですね。
駒それぞれの動きを覚えなければまずマトモに指せないので、麻雀よりは入り口のハードルは高いかもしれません。
将棋とチェスはよく似たゲームなので(と言うより、歴史的には同じゲームから派生しています)どちらかを覚えればもう一方も結構簡単に覚えられます。
ただし、ルールを覚えて勝つ、と言う段階の話なら麻雀の方がとりあえずは楽です。
長い目で見た長期的な戦績で熟練者に勝つのは難しいですが、半荘(麻雀1ゲームの基本単位)一回勝つだけなら運が良ければ勝てる事も結構ありますし。
逆に将棋やチェスは偶然の要素がほぼ無いので(一応、将棋では公式ルールの先手後手を決める手段が振り駒であり、そこだけは偶然の要素となります)
初心者が熟練者に勝つのは非常に難しいゲームになります。
一応、将棋は駒落ち戦と言う所謂ハンデ戦のルールがあり、これなら熟練者ともそれなりに勝負が楽しめますけどね。
どれを覚えるか…どれも教養として役には立ちますので好みで選べば良いですよ。
例えば、日常で使われる言葉にも将棋や麻雀から派生した言葉は多いですし。
優勝に王手をかける、なんて言い方は将棋から来ていますし、面子、だとか連チャン、だとか…そのような言葉は麻雀から来ています。
ただ、チェスは日本だと相手が少ないかもです…
海外交流をしたい、と言うなら一つの有効な手段にはなり得ますが。
日本では将棋や麻雀がメジャーでどちらかでも覚えていれば誘われる事もあるでしょう。

kit********さん

2018/7/1302:14:10

日本人が好む「勝ち負け」
麻雀と将棋は勝ち負けしか存在しないがチェスは引き分けも存在するので
好まれない理由なのかな
コマの種類も麻雀は34種、将棋は8種、チェスは6種
ルールの量が多い麻雀は難しいと言える

将棋・囲碁・麻雀・オセロ・チェス・花札・チンチロ
数ある遊びを一通り覚えて何が自分にあっているかは
自分で判断しまひょ

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる