ここから本文です

ミクロ経済学 費用関数について

アバター

ID非公開さん

2018/7/1301:23:39

ミクロ経済学 費用関数について

ある出版社が本をP円で売ると8000-2P冊売れると予想している。ただし原稿を作るために80,000円支出し、一冊ごとに600円の費用がかかる。他に機会費用はない。価格も数量も全て連続変数。

販売部数(生産量)=Xとおく。
限界費用 dC/dx=600
この場合の費用関数は何ですか?
X=8000-2Pですか?
費用関数とは具体的にどういうものでどうやって求めればよいのでしょうか?曖昧になってきたので教えてください。

閲覧数:
39
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pbh********さん

2018/7/1318:05:24

費用関数は総費用(TC)のことです。
TC=VC+FC
FC:生産量に関係なく一定額かかる費用。
VC:総費用のうちFC以外の部分で生産量と正の関係にある費用。
問題文を見ると、FCは80000
VC=600x

TC=600x+80000
MC=600

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/7/1821:03:55

    回答有難うございます
    費用関数の概念が理解できました。
    この問題の条件で消費者余剰と生産者余剰を求める事はできますか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる