ここから本文です

江戸時代以前の殿様の側室は結婚式してもらえないのでしたか?

アバター

ID非公開さん

2018/7/2223:23:08

江戸時代以前の殿様の側室は結婚式してもらえないのでしたか?

閲覧数:
97
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ski********さん

2018/7/2314:26:19

使用人だから、式なんかあげません。

夜伽によばれるだけです。

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/29 22:23:05

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

the********さん

2018/7/2518:04:31

武家が社会の中心となった時代の側室は、通常家臣・臣下。
(子供を産むため、家を繁栄・繫ぐためにそばに置いた)

結婚(正室)は家を防衛するため・家の格式を守るために、明らかに格上か、同程度の格式で目先の戦争回避のために同盟を結ぶためのモノ。

正室と、側室では存在する意義がちがう。
子が後継ぎとなった場合でも、局に留め置かれ、室に上げられることはなかった。
子は正室の養子:猶子とされた。

正室の子は生まれた時に、跡継ぎ候補。
側室の子は、一旦は有力家臣:家老の候補者。正室に男子が産まれない事が分かった時、初めて後継の地位の「候補者」になった。

子が後継者になり、正室が亡くなった場合でも側室が正室に上げられたことを知らない(なかったろう)。継室を置いた場合、ふさわしい家から新たに迎えた。


貴族政治時代の皇室近辺では、有力者の娘が側室・臣下として挙がりながら、男子後継者を産んで妃の地位に昇った例もある。

tii********さん

2018/7/2223:33:40

ワシはにゃ・・織田宗家の殿様だぞ・現在の話だが離婚すて嫁が来たが結婚式も茄子だし同居人としとるぞ事実婚ニャン!トノサマ蛙はどうニャンだろ・・ゲロゲロ㋜ 織田弾正忠家当主・名古屋。スケート織田は偽者詐欺師である大嘘つきの糞。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる