ここから本文です

日経225について

アバター

ID非公開さん

2018/7/2416:12:03

日経225について

その名のとおり上場株式225社の平均値による取引ですね。

売り買いのタイミングはテクニカルチャート指標による判断をされているようです。

ここで質問ですが、
個別の株式チャートならまだ読める要素があると思います。
しかし、個別株式数百の和を割った平均値による数字のチャートを読めるという原則に疑義を感じでます。

FXは個別株式同様、市場の同行やチャートで判断出来る可能性は感じます。
投信のポートフォリオでさえ、ポートフォリオそのものの価値なのでこれも読めると言われても過言ではないと感じます。

しかし、自由度が最低限、225あるものに対して、具体的にはそれぞれ個別のチャートを掛け合わせたチャートを見て、判断出来るという人がおられるのでしょうか?

それとも、わたしが原則から考え違いをしているのでしょうか?

論理的に教えてください。

閲覧数:
99
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bla********さん

2018/7/2417:49:30

ご存じの通り日経平均株価は、東証1部の中で選ばれた225社の株価の合計の単純平均です。算出にあたって、225銘柄の株価を合計し、その数字を過去の分割等を累積した除数(現在約27)で割った値が日経平均株価です。ですから、日経平均は225銘柄の総合的な評価と言えます。

一方、日経平均先物は、日経平均株価そのものの値を限月を設定して取引することを約束する契約です。よく、日経平均先物と平均株価との裁定取引が行われたと聞きますが、これは225銘柄の合計=先物27枚で同時に執行される裁定取引のことです。例えば、両者の値が同じならば儲けは0ですが、先物と225銘柄の間で乖離があれば、高い方を売って安い方を買えば自動的に儲けが発生します。この裁定取引に関しては、証券会社独自のノウハウがあって、どのような仕組みで行われているか定かではありません。

日経平均は225銘柄の合計ですが、それぞれの銘柄によってみなし額面というのがあり、さらに株価の高低によって、日経平均に対する軽重は様々です。そのため、裁定取引とは別に日経平均そのもののを動かすため、ファストリのような寄与度が高いの銘柄を集中的に取引が行われているようです。これについてもグレーゾーンでつまびらかではありません。

結論的には、日経平均はそれぞれの思惑で動いていて、単に225銘柄の総体での側面もあるがCTA等による意図的な取引も行われていたりして、予測し難いものとなっています。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/7/2418:15:38

    ありがとうございます。
    難しいですね…

    225が何かということから勉強したいと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/28 20:46:18

皆さんありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

2018/7/2500:26:05

「日経225先物」、「日経225mini」という先物の商品がありますが、それと日経平均株価を混同しているんじゃないんですか?

先物は当然完結した市場なので、「板」もあれば「歩み値」も見え、一つのチャートになる訳です。
1日20時間近く開いてますしね。

・・・そもそも先物のチャートなんて、どこの証券会社のチャートでも簡単に見えるでしょう。

atk********さん

2018/7/2419:10:41

面白い話題を振って頂いたので、ディベート風に敢えて反論してみます。

一般的な統計で、1人の行動を予測するより、1000人の行動を予測する方が汎用する(確率が高い)と言われます。
1人の行動は、配偶者なら高確率で予測できますが、他人には予測不能です。
1000人の行動は、正しい統計結果を元にすれば、比較的高い確率で予測できます。

又、1人の行動は予測できないが、大勢が集まると集団行動を起こし、シンプルになると言われています。
要は、隣の人に付和雷同する方が多いという事です。

投資行動を考える時、
1銘柄の株価は、業界全体の変動より、会社自体の一過性の不祥事、一過性の業績悪化などで大きく左右されます。
225銘柄の平均(単純平均ではありません)は、これらの個々の銘柄の変化より、社会全体の動向に左右されます。
社会全体の動向は、一般的なニュースで多くの方々が把握できます。

つまり、単一銘柄の株価変化より、日経平均先物等の複数銘柄の株価変化の方が自然です。
言い換えると、単一銘柄のテクニカルより、複数銘柄(日経平均・TOPIX)の方が、テクニカルは有効になります。

>それとも、わたしが原則から考え違いをしているのでしょうか?

はい、その通りです。
日経平均先物・TOPIX等の複合銘柄で、テクニカル手法で利益を上げている方からすれば、お笑いでしょう。

お求めの、論理的な答えか否かは?・・・

ifm********さん

2018/7/2416:53:36

>FXは個別株式同様、市場の同行やチャートで判断出来る可能性は感じます

これと同じです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる