ここから本文です

生成物の結合エネルギーと書いてますが、結合エネルギーの定義が、1molの化合物の...

gna********さん

2018/7/2522:15:42

生成物の結合エネルギーと書いてますが、結合エネルギーの定義が、1molの化合物の結合を切って、原子にするために必要なエネルギーとあるのですが、この表記はなんなんですか?原子からHCLができてるのは、生成熱な

らわかりますが…
もしかして、この場合、原子からHCLの生成熱=HCLから原子にする結合エネルギーと言うことですか?

結合エネルギー,原子,HCl,生成熱,生成物,反応熱,絶対値

閲覧数:
35
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ter********さん

2018/7/2611:19:18

この場合、結合エネルギーと反応熱は大体同じ意味です。
違いを述べます。

結合エネルギーはエネルギー差の絶対値。
どれだけエネルギー差があるのかのみを表現。
反応熱はエネルギーの高いほうから低い方へ進む方向にのみ使用。

結合エネルギー:原子⇔反応物
反応熱 :原子⇒反応物

大体同じ意味なのですが、話の内容によって言葉を変えて使います。
例1)HClとO2の結合エネルギーはAとBなので、Aの方が強い結合
例2)H原子とCl原子を結合するとCの反応熱を放出しHClが生成する。

  • 質問者

    gna********さん

    2018/7/2614:40:26

    解説ありがとうございます
    とてもよく理解できました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる