ここから本文です

F1やル・マン、パリダカまたは鈴鹿8耐などトップカテゴリーのモータースポーツで女...

nag********さん

2018/8/212:48:08

F1やル・マン、パリダカまたは鈴鹿8耐などトップカテゴリーのモータースポーツで女性が活躍するのは難しいですか?

昨今女性も免許を取るのが当たり前になり大型トラック、トレーラーも珍しくなくなりました。
もちろんトップレーサーの身体能力はアスリートのそれでしょうが、その他のスポーツと比較して性差はありますか?

閲覧数:
71
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sup********さん

2018/8/214:40:02

2008年のINDY-Japanでダニカ・パトリックが女性としてインディ初優勝したように、アメリカではモータースポーツで女性が目立つようになってきました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuu********さん

2018/8/911:34:58

ちょっと前になるけど、鈴鹿8耐 アプリリアの サミュエラ・デナルディ

ちょっと前になるけど、鈴鹿8耐 アプリリアの サミュエラ・デナルディ

2018/8/314:53:29

何かで聞いたことがありますが、女性は男性と比べ本能的にわが身を守る傾向が強いというデータがあるそうです。
個人差もありますので一概には言えませんが、レースのような命の危険性を伴うスポーツでは女性は男性と比べて本能的に安全マージンを多く取ってしまうため、F1やルマンなどトップカテゴリーのレースにおいては不利だという論文を誰かが書いたというのを聞いたことはありますね。

それと同じ理屈で狩猟民族である欧米人と農耕民族である日本人との間にも同様なギャップがあるため日本人レーサーが世界のトップに立てない一つの理由とのことらしい内容でした。

hyp********さん

2018/8/308:09:53

日本にはWECルマンで大活躍された井原さんが居ますね(歴史的にも他にめ沢山の女性ドライバーが出場しています)。F1でも過去には居ましたが活躍は出来ませんでしたね。
国内では井原さんの弟子たちや愛ちゃんも活躍中。

豊田蜂六さん

2018/8/220:03:24

その昔、中嶋悟が日本人として初めてF-1フル参戦したけど、チームメイトのアイルトンセナに対して決定的に差を付けられる結果しか出せませんでした。

確かに天才セナと組んだのはキツかったと思いますが、中嶋悟も速かったレースがありました。

それが雨の日。

中嶋悟いわく、「運転技術で負けたのではなく、体力で負けたのだ」とのこと。

比較的タイヤが機能しない雨の日に速かったのなら、その話も全くマユツバではないのかも知れません。

ともあれ、F-1レベルだと横Gだけでも4~5Gはかかると言います。

加速や減速も普通の人なら吐いてしまうレベルの繰り返し。

となると、やはり技術が同等なら、体力も勝負を分ける大切な要素なのでしょう。

となると、やはり女性は不利になるのは仕方ないですね。

トップカテゴリでなければ女性レーサーも数多くいます。

上のクラスになるほど厳しいのだろうと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる