ここから本文です

大学進学について 現在高校2年生です。 ・勉強を頑張っていい成績を出し、大学...

sde********さん

2018/8/418:24:49

大学進学について
現在高校2年生です。

・勉強を頑張っていい成績を出し、大学などの給付型奨学金とアルバイトで昼間部
・アルバイトで学費を稼ぎながら夜間部
・正社員で学費を稼いだ後離職し、昼間部

どれが1番現実的で

しょうか。
貸与型奨学金をあまり利用したくありません。
漠然としていてすみません。

閲覧数:
60
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nik********さん

2018/8/510:50:06

受験生にとって一番の武器は「学力」です。

1稼いでカバーよりも「学費そのものが少ない」方が断然ローリスク
当たり前ですけど、年間100万越えの私立に行くよりは国公立に進んだ方が学納金は少ないです。
通学圏内に志望学部のある国公立があるなら、まずそこを狙うべき。

2大学の奨学金は「合格時に決定するもの」以外は計算に入れない
出なかったとき困りますからね。
資金計画は「確実に」

3大学は入学前が一番「支出大」
大学の学費はざっくり書くと
合格直後に入学金。
入学手続きにに最初の授業料(私立の場合は+施設費や教育充当費など)、年間学費の1/2+諸会費、保険料など。
入学直後に教科書や定期などの購入(+入学式のスーツなど)
以後、9~10月に後期授業料、3~4月に前期授業料の納付(+履修内容にあわせて教科書などの購入)があります+通学費。
※AOや一部推薦など「合格したら入学を約束」する入試は入学金と最初の授業料が同時納付の場合があります。また納付期限も早いので注意。

以上を踏まえて

・給付型奨学金+アルバイトで昼間学部
まず「受験~入学直後」までの支出に耐えるだけの貯蓄が必要。
入学後は「次の納付期限までに納付額を貯める」生活です。
たとえば公立なら年間学費60万→半分の30万(+教科書や交通費)を9月までに貯める→一ヶ月あたり5~6万が目安。
私立は安くても年間学費100万~、上は200万ぐらいまでざまざま。100万でも一ヶ月10万ぐらいにはなるけどね。

目標額から「確実に出る給付型奨学金」をひいた額が「毎月のバイトで必要な収入」
国の給付型奨学金(注)を利用すれば、国公立は可能性はある。
私立はねぇ……。

では「バイトってどのぐらい稼げるのか」
データによってちょっと違いはあるけど、平均月3~5万ってとこです。
ファストフードやコンビニのバイトだと、1日4時間を週2~3回って感じ。
「バイトの目標額」を「自分の出来るバイトの平均的な時給」で割ると週あたりの労働時間が出ます。
週20時間……課題やテスト勉強に支障が出る人がいる
週30時間……キツイ。時短バイト(4時間程度)では足りないので掛け持ちになるケースも
週40時間……会社員並み。昼間部の学生にはまず無理。

大学生、必要なお金は学納金だけじゃないよね?
学生になったら衣食住は親御さんはどれぐらい見てくれるの?
文具やレポートの資料など今は可視化できない費用、昼食、スマホなど通信費、散髪や衣類など身だしなみの費用。交際や趣味など自分のための費用。
4年目には卒論の費用あれこれに就職活動。
卒業後の進路(家を出て就職する)によっては少しは貯めておかないといけない。
あんまりタイトすぎる計画は選択肢を減らすかもしれないよ。


・バイトで夜間部
二部?夜間主?
まず「評判」を調べてみて。
相談者さんの質問文の感じだと、「資格のため」とかじゃない気がするのね。
「大卒」が欲しいのなら、思った結果は得られないかもしれない。
学費は安いんだけどえねぇ……。



・正社員→昼間部
自己資金が無い場合、一番現実的といえます。
ただし、家族の協力必須。
高卒で就職すると、平均的な月収は15~16万ぐらい+ボーナス。
貸与型奨学金を利用しないで進学となると、4年間の学費相当の資金は貯めておいて進学するほうがいいでしょう。
日々の経費はバイト代でしのぎつつ、卒業に向けて貯金しなおす感じです。

で、4年間の学費。
国立が入学金込みで300万程度。公立はもうちょい低いところがありますが250万ぐらいは見ておいたほうがいいかと。
私立文系が入学金込みで450万程度。
私立理系が650万。
私立医療系だと800万越えです。

300万を貯めようとおもったら。
2年なら月12万~13万。
3年なら月9~10万。
絶対進学する意思と「学力を維持する努力」を惜しまないなら、5年6年かけるのもアリですが。
まあ高校卒業数年で受験するには、毎月の収入の相当額を貯金しないといけません。ボーナスもしかりです。場合によっては家にお金を入れられないことも。
それを家族に認めてもらう。
これがステップ1です。

ステップ2は「固定経費を増やさない」
とある家計相談でコンタクトレンズとスポーツジムが固定支出になってて、いったん得たこだわりはなかなか手離せないものだな、と思った事があります。
社会人→学生になると、収入は激減します(もしくは無くなる)
「社会人収入」のヒトと同じ様なお金の使い方をしてると、学生になった時に耐えられないかも……しれませんね。


更に突っ込むと「税金と扶養」「自分の税金」「健康保険と扶養」「年金」
お金を得ると税金がかかります。
どのぐらい稼ぐと払うのか?
健康保険の扶養を抜けるのか(=自分で健康保険に加入)?
たくさん稼げば親の庇護から外れ、自分で払うものがでてきます。
稼いだものが全部自分で使えるわけではない。頭の片隅にでも置いておいてください。

質問した人からのコメント

2018/8/6 15:25:38

回答ありがとうございます。
とても真面目に考えて下さり、他人のためにこんなに考えてくれる親切な方がいるのかと驚いています。
回答者さんの考えを参考にこれから学業に差し支えのない範囲でバイトをして、現役で大学に入学した場合の初年度納入金は貯められるように頑張りたいです。
言葉遣いが変なところがありましたらすみません。
本当にありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる