ここから本文です

遺産相続時、遺言公正証書を税理士に持ってゆけば、 複数の相続人に対する、相続...

アバター

ID非公開さん

2018/8/507:51:57

遺産相続時、遺言公正証書を税理士に持ってゆけば、
複数の相続人に対する、相続額の計算と、各々の
相続人が納める税金の額を計算してくれるのでしょうか?

補足相続時、公正証書があり、変なもめ事も
ない場合は、預金、土地の価格が確定して
いれば弁護士などに相談する必要はなく、
税理士だけに相談すれば、遺産相続の額は
計算してくれるので、相続は完了すると考
えてよいでしょうか?

閲覧数:
283
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

和泉俊郎さんの画像

専門家

和泉俊郎さん

2018/8/517:25:45

補足の部分については、概ね貴ご理解通りで良いと思います。即ち、税理士に依頼するならば、相続税申告は完結します。

ただ、公正証書遺言には相続財産が列挙され、葬式費用含めた債務も誰が負担するのか記載があると思いますが、通常は、具体的な金額は記載されていません。従って、ご逝去時点の各財産や債務の金額を証明する資料を揃える必要があります。

例えば、預貯金については金融機関が発行する残高証明書、土地・家屋については登記簿謄本(履歴事項全部証明書)や固定資税産評価証明書、有価証券については証券会社より保有有価証券の一覧を入手する必要がありますので、公正証書遺言の写しを持参の上、相続税申告へ向けた必要書類の確認と入手方法について、税理士にご相談されることをお勧め致します。

アバター

質問した人からのコメント

2018/8/7 08:09:02

プロのアドバイスをありがとうございます。

回答した専門家

和泉俊郎さんの画像

和泉俊郎

税理士

黒字化支援から相続まで親身にサポートできる税理士

◆事業内容 ■ 税務  ● 税務代理  ● 税務書類作成  ● 税務相談  ● 資産対策 ■ 会計巡回監査  ● 証憑書類の整理・保存の指導  領収書・請求書等、取引の事実を証明する書類を正しく収集・整理・保存できるようにご指導致します。  ● 記帳・起票指導...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

a00********さん

2018/8/508:04:02

公正遺言書だけでは計算ができません。
ます遺産が5000万以上あれば相続税の必要が
考えられます。
それ以下でしたらいりません。
預金がどれぐらいあるか調べればわかります。
後は不動産です。役所で固定資産税の評価
証明書をもらえばそこに価額が書いてあります。
合わせてどれぐらいかわかります。
それをもって税理士に聞けばわかります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる