ここから本文です

ブラックホークダウンについてです。

アバター

ID非公開さん

2018/8/722:20:23

ブラックホークダウンについてです。

映画を見てもなぜ、あんな戦闘になったのですか?
最初から戦いに行った訳ではありませんよね?
捕虜を取りに行ったら、戦闘になって、ブラックホークが落ちて救出に行くが負傷者や死者が増えていくというような感じでしょうか?
詳しい方教えてください。

閲覧数:
458
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2018/8/801:54:55

単純に言っちゃえば、相手が米軍の一枚上手で、あらゆる面で先を行かれていたんです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30509902
https://togetter.com/li/992648

戦闘の経緯についてはいろいろ複雑なところがありますが、BHDの戦闘に関しては、アイディードと言う悪逆非道の独裁者の暴虐を阻むため、正義の名の下に世界の警察たるアメリカ軍がアイディード派の暴挙を食い止めようとした、という認識で結構(ここまで全部アメリカ目線)。

BHDにおける作戦の目的は、このアイディード一派の重要幹部を捕縛することでした。
目標となる建物の周囲をMH-60ブラックホークで降下したレンジャーが制圧、それと同時にデルタがMH-6リトルバードで突入して該当人物を捕縛、用事が住んだら迎えの車列に乗ってすたこらサッサ。完全な奇襲作戦であり、30分で終了する予定でした。


1.ブラックホークが落ちた原因
計画がアイディード派にモロバレでした。どうもこの手の戦術は米軍が使い古したものであったようで、米軍を研究し尽くしたアイディード派には米軍が何をするか全てお見通しだったのです。
BHD劇中でも、見張りの少年がアイディード派に米軍の襲来を伝えていましたね。
映画ではタイヤが燃やされて黒煙が上がっていましたね。あれは連絡用の狼煙か、ヘリコプターの視野妨害のための煙幕と考えられますが、どっちにしても事前にわかってなきゃそんなもの用意できませんよね。

当然、非装甲のブラックホークが航空支援に従事することや、その大まかな飛行経路、高度にも当たりを付けていたことでしょう。
ロケットランチャーは後方に激しい熱風を噴き出すため、上空に向けて発射すると射手の足を焼きかねないんですけども、アイディード派の民兵は熱風吸収用の穴を掘ることでこれに対処、RPGを時限信管で空中炸裂するよう設定していました。

こんだけ準備をしておけば、小学生でもブラックホークは落とせます。ガチガチに張り巡らされた罠の中へまんまと飛び込んだ格好です。

結局のところブラックホークは2機撃墜、更に映画では割愛されましたが1機が被弾不時着しています。

2.戦闘が長期化した理由
「車両隊が墜落地点に向かおうとして道に迷った」のが最大の原因です。
モガディシュの市内は映画よりもはるかに道が細く入り組んでいて、ただでさえ米軍の車両が通れない場所が多くあった上に、バリケードも敷設されていました。
しかも上空からの道案内が、P-3オライオン哨戒機が現場を観察(ガリソンが見てたのもここからの映像かと)→その情報をもとにC2指揮統制ヘリが連絡→現場部隊に指示が届く という順番だったのでタイムラグがあってまるで役に立たない。
迷いに迷った挙句、迷走の途中で撃ちまくられて車両隊はボロボロとなり戦闘不能。墜落したパイロットたちはおろか、本来回収すべき攻撃部隊すらほとんど置き去りにして基地に帰ってしまいました。

墜落が発生したため新たに別の車両隊も基地から派遣されていたのですが、こちらもバリケードと民兵に阻まれて結局たどり着けませんでした。

本来迎えに来るべき車両隊はトンズラ、追加の救助も来ないとあって、攻撃部隊のほとんどは一機目の墜落地点に釘付けになり耐えることとなりました。


他にもいろいろありますが最もデカかったのはこの辺です。

ちょいちょい「暗視装置があったら夜間の戦闘では優位に立てたのに」と言う話がありますけども、彼らにとって本当に必要だったのは、現地の事情を正確に記載した地図だったはずです。


映画の原作もお勧め。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

air********さん

2018/8/801:01:57

作戦の立案からして、相手を舐めきっていたと....

相手の実力を見誤っていて、さらに自分の力は過信しすぎで、そして、入り組んだ市街地での戦闘の経験不足から来る甘さ?!から、ああなってしまったのか....

映画の中を見ている中で目に付く所としては....

武装ゲリラは、そこそこ重火器を持ち合わせており、攻撃力だけは高い組織と対峙をしている作戦であるにも関わらず.....米側は、市中のギャング・ゴロツキども、ちんけな犯罪者を捕縛する、警備・警察活動、MP的な感覚?!と装備で出動してます。

米側は、一応は、近接航空支援こそしてますが、これは、もっぱら索敵、敵情視察と報告で、地上部隊の見守りを主体のサポート役です。
ガチな地上部隊の護衛を想定してしていないし、いざという時の敵への積極的な攻撃やらを考えて無いから、ガンシップが作戦に参加をしていない....
これ、映画の中でも、誰だかがガンシップが無い事に懸念を示してますよね。実際、懸念どおりになってます....

そこへきて、地上部隊は、町中のギャング・ゴロツキどもを捕らえる感覚ですから、歩兵の軽装備で出動で、さらに、実質的には装甲が無いハンヴィーと、(現地調達?!の)トラックで、フラフラと出かけています....攻撃力を見れば、小銃、分隊支援の機関銃、(グレネードはあったかな?!失念)という軽装備で、防御に関しては皆無と言えます。

武装ゲリラと、戦闘が起きなければ、これでも十分だったかもしれません....現実は、ゲリラの苛烈な反撃に遭います。


一方の武装ゲリラ側は、小銃・重機関銃のみならず、RPGで武装をしていますよね。これで、ヘリ撃墜やらされるし、映画の中だと、米側の誰だかは、吹き飛ばされてバラバラで即死となる描写もあります....
さらに、ゲリラは、防御力は皆無だけど、機動力と攻撃力だけは一人前の、ゲリラの定番兵器、テクニカルさえも登場してます。火力だけなら、それなりです。

そこに加えて、地の利もあるから、あの界隈は武装ゲリラの庭でしょうし、さらに、ゲリラも一般市民もごちゃ混ぜ的で、わらわらと群がり、まあ、とにかく数が多い....囲まれてしまうと、対処が出来ない。

作戦中に、重武装のゲリラの反攻にあい、ヘリは墜落、現地から撤退もままならないで、作戦は停滞というか、実質失敗となります。

(ゲリラ幹部の捕縛は出来ているから目的は達していると言う点では、近視眼的な戦略的には成功とも言えますが、あれだけの苦戦しつつ、(おそらくは)想定外の大損害を出しているから、戦術的には失敗に近いと)。

最終的に、米軍のさらなる増援と、国連軍(マレーシア軍、・パキスタン軍)からは、戦車、装甲車という重武装の出で立ちで出張るという形で、なんとか事態を収束してます。
国連軍の出で立ちからして、米側が、作戦を軽く見すぎて、ゲリラ側を舐めていたいたとも判ります。

そして、何よりも、墜落したヘリパイロットが、むごたらしい目に遭います(これは、戦場では当たり前ですが....)。映画でも描写がありますね。
事実としては、さらに、このパイロットへの仕打ちが、(ネットを通じて)世界に晒されるという結果となっていますから(これは、米側には想定外)、長期的な目線で見ると、戦略的な大失敗とも言えます。
最終的に、この作戦の結果は、アメリカで厭戦機敏と派兵反対に繋がり、アメリカが、ソマリアから手を引くきっかけになりましたね。


また、ハンヴィーの防御面での非力さも露呈(というか、元々、ジープの代わりとして登場した車両ですから、そもそも防御面が非力で当たり前)で、ハンヴィーへの増加装甲やら、市街戦・不正規戦対応の装備の拡充をするという形で、教訓になってます(もともと、他の地域、中東域とかでも不正規戦に使えないとされていましたけど、これで輪をかける事になります)。

ハンヴィーの改造だけでは心許ないのと、中東地域での他の苦労もあるので、(とくに、待ち伏せ攻撃やらへの防御や、地雷への爆発に耐えられる)M-ATVやら、MRAPという、防御に優れた車両の導入をさらに進める遠因にも。


余談ですけど、

ちなみに、M-ATVやら、MRAPといった車両の元祖、ご先祖様的なのがコレ
https://en.wikipedia.org/wiki/Leopard_security_vehicle

これは、ローデシアにおける、対ゲリラ戦用に改造された車です。元は、ランド・ロバー。
珍妙な形をしていますが、急ごしらえながらも、理に適った改造をされています。
装甲を備えて銃撃に耐えつつ、車高を高めて車の底はV字として、タイヤは車のボディから離して地雷の爆風への対応をしています(地雷の爆発で、車両は無事では済まないかもしれないが、少なくとも乗員が即死だけは避けれる事を期待です、まあ、無事じゃ済まないだろうけど....)。
V字の底は、M-ATVやら、MRAPへも考え方が引き継がれています。

kkb********さん

2018/8/723:02:37

武装組織の集会を襲撃して、幹部を拘束して帰還する任務の予定でした。
しかし、ブラックホークが落ちたため救出しようとするが、敵部隊に邪魔をされて、さらにもう一機墜落。
どうしようもなくなったので極秘作戦だったけど国連軍に救助を要請。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる