ここから本文です

WBA世界ミドル級王者の村田諒太ですが、 村田陣営は9月15日に対戦する世界...

mas********さん

2018/8/1513:18:57

WBA世界ミドル級王者の村田諒太ですが、
村田陣営は9月15日に対戦する世界主要2団体のタイトルを持つ
ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と

元世界王者のサウル・アルバレス(メキシコ)の勝者との試合を
今後の目標に定めており、
次戦は目標実現のためにも世界的に評価の高い相手との対戦を希望している
ということですが、どのように感じますか?

閲覧数:
152
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nij********さん

2018/8/1514:48:44

個人的にはちょっと額面通りには受け取れないな~、という感じです。

指名挑戦者とやらない理由としてはやや弱く、村田陣営としては金銭的なことでやりたくないのでは?と疑っているというのが正直なところです。

次戦はベルトを返上してチャーロ兄に挑むとかならいいのですけど、これも実現可能ともやる気があるとも思えないですし、結局はベルトを剥奪されることも返上することもなく、現状のまま違う相手とやることになるような気がします。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ffk********さん

2018/8/1513:44:15

村田ももう年だし、早くビッグネームと戦うためにはやむを得ない選択だと思います。ベルト剥奪されても、別に世間からの村田の評価は下がらないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる