ここから本文です

人を殺してはいけないという観念は厳密にはドクトリンの典型である。 全ての当為...

cef********さん

2018/8/1615:16:14

人を殺してはいけないという観念は厳密にはドクトリンの典型である。
全ての当為を除いて事実に基づいて科学的に考える限り、人が人を殺してはいけない本質的理由などない
これは変ですか

閲覧数:
53
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2018/8/2315:58:39

普通の人は思いつきませんね

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

car********さん

2018/8/1619:08:37

あなたの言う「科学」は何科学ですか? 物理学もあれば生物学もある。社会科学もあれば人文科学もある。視点は様々。もっと厳密に規定して下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

l_l********さん

2018/8/1616:36:16

凡人の発想ですね。

dea********さん

2018/8/1615:32:48

種の保存や繁栄の観点(生物的・社会的観点)からすれば、
「将来子供を産んだり育てる人」や「人類の進歩に貢献する人」は、
相応の理由(そうしないと自分が死ぬ等)が無い限り、殺してはいけないのでは?

(それらをどう判断するかは別、というか判断出来ないからこそ「基本的に全ての人を殺してはいけない」ということになっているんだと思いますが)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる