ここから本文です

地球温暖化って何でしょう。 ペットボトルの非常に高度な大実験の結果を公表した...

iza********さん

2018/8/2006:37:38

地球温暖化って何でしょう。
ペットボトルの非常に高度な大実験の結果を公表したら、波長15μmによる温度の上昇でないといけないというようなコメントを頂きました。

大気中のCO2濃度増加による地球温暖化というと、原発屋さんやIPCCの温暖化説でないといけないって決まってるんでしょうか。

そういう意味では、おそらく皆さんが想像されている地球温暖化などあり得えないと思いますし、稚拙な原発屋さんらの流された風評・フェイクだと思います。

しかし、今まで経験した事のない気象って、やはりCO2濃度が関係してるんじゃないですか、と私は想いますよ。それ以外の原因がないとも以外の言えませんが。
実際のとこどうなんでしょうね?

今度は波長15μmを追求したいいが、お金のかからない良い手はなものか。
入浴剤でも使ってみるべかな。

閲覧数:
121
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dev********さん

2018/8/2011:24:47

地球温暖化については、身近なもので比較的簡単に説明できます。

アクアリウムなどを自分でやっていると、水中に二酸化炭素を供給するので、ボンベを使って泡で溶かすんですが、熱帯魚でも淡水魚の場合は、影響は低いんです。しかし、これが海水魚となると完全に真逆で、水温差はかなり海水が低くないと、酸素が溶けず、水中の二酸化炭素が増加するんです。実際海水魚が死んじゃいますからね。

地球上で、最も面積が広いのは海ですよね。表面積では地球表面の陸地の面積14889万平方km、海洋の面積36106万平方kmと陸地29.2%、海洋70.8%であることから、この地球上の酸素を保持しているのは海であるといえます。

かつての地球には、海中で酸素を生み出す微生物(シアノバクテリア)が異常発生し、酸素過多となってメタンを作る微生物を駆逐し、全球凍結になったことがあります。この時、地球活動で海底火山は活動し、海中で二酸化炭素を放出し、海底に固定された生物の死骸によるメタンガスもあいまり、それと太陽光による熱放射を受けて溶解したという学説が有力です。そもそもメタンハイドレートとは、全球凍結時代の名残ですからね。地球上が酸素ばっかしだと冷えるってことです。

ここで、最初の話に立ち返ると、「水は温度が下がると酸素を保持し、水温が上がると酸素は減りやすい」と考えれば、海水温上昇というのは、必然的に二酸化炭素を増やす要素が強いということですよね。二酸化炭素は、赤外線を吸収し、再び放出する性質があるので、自然界で異常気象による気候変動などに加えて、人為的な二酸化炭素供給、つまり火力発電などは、相乗効果で二酸化濃度を増やし、地球を温めていることになります。

異常気象の要因はまだまだ研究の余地があるので、人為的な二酸化炭素に影響を受けているかはこれからの課題ですが、気象庁でもおよそ100年間にわたる海域平均海面水温(年平均)の上昇率は、+1.11℃/100年としており、やっぱり海水温は急激に100年単位で上昇しているわけです。世界全体や北太平洋全体で平均した海面水温の上昇率でも、それぞれ+0.54℃/100年、+0.51℃/100年で上がっています。

海でも二酸化炭素を放出するわ、地上でも放出、まぁ地球温暖化は、デマでも嘘でも無いってことでしょうねぇ。そもそも、水は空気を温めることが出来ますが、空気が水を温めるってのは、かなり科学的に難しいですからね。ツーことは、海水温上昇は人為的にどうにか出来る問題じゃないんで、せめて地上での人為的二酸化炭素は減らそうじゃないかってのは、理解できます。

  • 質問者

    iza********さん

    2018/8/2017:32:08

    回答ありがとうございました。

    地球温暖化の原因はCO2が原因だとか、そうじゃないなどの意見があります。その中には、どうやらIPCCの温暖化メカニズム?についての反対意見もあるようで、そういう意味では私も同感です。

    回答者様の地球温暖化の見方も含め、温暖化の定義から、全面的に整理してみる必要があるとは思います。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gat********さん

2018/8/2421:18:52

概ね正しいと思います。

IPCCは確度95%以上としていると聞いたことがありますので、この数字が本当ならほぼ間違いないです。
また、予防原則の立場からも対策は取るべきです。

温暖化対策には畜産廃止がいいと思います。肉にのみ含まれる必須栄養素はなく、畜産は不要で、1.5割の温室効果ガスを排出しています。さらに、穀物を大量に消費しますので、廃止した余剰穀物をバイオマス発電に使い二酸化炭素回収すれば大気中から温室効果ガスの削減ができます。

※参考
畜産廃止のまとめ(暫定版)
https://blogs.yahoo.co.jp/gateawyiohaw/66885182.html
Q:畜産廃止は温室効果ガス削減にもつながりますか?
A:その通りです。畜産は温室効果ガス全体の1.5割を排出し、動物性食品は植物性食品の2倍排出すると言われています。
https://blogs.yahoo.co.jp/gateawyiohaw/66882858.html

yam********さん

2018/8/2121:39:36

Wikipediaの温室効果の頁にはこのように書かれています。結局のところ温暖化で気温の上昇が起きると吸収に余力ができるため、
吸収が飽和してこれ以上温室効果を発揮しないとは言えないと見ていいのでは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E5%AE%A4%E5%8A%B9%E6%9E%9C

「しかし、もともと二酸化炭素が多い大気であれば、赤外線の多くは吸収されており「余っている」赤外線は少ないので、ここで二酸化炭素が増えても、増えた二酸化炭素が吸収できる赤外線は少ないため、もともと二酸化炭素がない大気に二酸化炭素が入ってきたときに比べ、温室効果の増強が小さく、気温の上昇も小さい。ただしこの場合、逆に二酸化炭素が「余っている」状態になり、吸収能力に余裕ができてしまう。そこで何らかの原因によって気温が上昇した場合は、気温上昇によって増えた赤外線を吸収し、温室効果を増強させてしまう。これらの現象は、二酸化炭素以外の温室効果ガスにおいても同様に起こる。」
「大気による放射の吸収効率は、紫外域、赤外域ではほぼ100%の効率で吸収され、可視域では0%(透明)に近い。しかし、地球放射が最大となる波長8 - 13μmの付近に吸収効率が低い窓領域(大気の窓)がある。ここでは、オゾン (O3) の9.6μmの吸収以外の効果は少ないため、この付近に吸収構造を持つ温室効果気体の増加は、気温の上昇に大きく寄与する。逆に、2.8μm,4.3μm,15μm付近の二酸化炭素、6μm付近および18μm以長の水蒸気などは、多くが吸収されており、二酸化炭素や水蒸気が増加したとしてもこれ以上吸収されにくい。ただし、何らかの原因で気温が上昇すれば、放射量が増えて余裕ができ、さらに吸収できるようになると考えられる。」

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gat********さん

2018/8/2022:15:38

予防原則で対策はとるべきでしょう。
平行して科学的な知見を確立すべきです。
理論的に二酸化炭素が惑星の温暖化に影響するというのは疑いようがないと思います。

対策としては畜産の廃止がいいでしょう。畜産は温室効果ガスの1.5割を排出しています。また、畜産は無用な理由で動物を殺していますので、即時廃止すべきです。

Q:畜産廃止は温室効果ガス削減にもつながりますか?
A:その通りです。畜産は温室効果ガス全体の1.5割を排出し、動物性食品は植物性食品の2倍排出すると言われています。
https://blogs.yahoo.co.jp/gateawyiohaw/66882858.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

hiy********さん

2018/8/2017:43:37

secwineさんの「hiyさんが言っている15umの吸収が飽和しているから、もう温暖化はしないというのは、出鱈目です。」というのは間違っています。
CO2による赤外線吸収の飽和論への温暖化CO2説の御用学者による反論なるものは、どれもこじつけで間違っています。

線スペクトルの波長15umだけの吸収が飽和していると述べたことはありません。secwineさんのように揚げ足取りで見当はずれの反論をする人もいるので、「波長15um付近」とか、「14~16μm」といった表現にしています。正弦分布することは、既に考慮済です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:...
大気通過後の放射スペクトル分布

のCO2の吸収スペクトルの所を見ると、正弦分布になっています。

下向き大気放射のスペクトルが本物の温室効果です。
CO2が吸収可能な波長15μm付近では、上向きの15度黒体放射(地球放射)と下向き大気放射が全く同じ大きさです。

波長15μm付近では、地球放射は全てCO2に吸収され、全て再放射されて、その全てが下向き大気放射として、地表に戻っています。
波長15μm付近では、8~13μmの大気の窓領域のような地球放射の線と大気放射の線のすきまはありません。

従って、CO2濃度が上昇しても、さらに地球放射の赤外線を吸収する余地は全くなく、温室効果である大気放射が増える余地もまったくありません。よって、CO2濃度の上昇による温暖化は起こりえません。

http://www.asahi-net.or.jp/~rk7j-kndu/kenkyu/ke03.html
図3.5 大気放射のスペクトル

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%AA%93
大気の窓 波長15μm付近の地球放射の宇宙への透過率はゼロ

赤外線吸収飽和論に対して、地球温暖化CO2説をまだ信仰している方々から4通りの反論がありますが、どれもこれも屁理屈ばかりで成り立ちません。

反論1 CO2濃度が高くなると15μm付近の赤外線吸収波長域の幅が広くなるから、温室効果が高まる余地がある。

ところがCO2の赤外線吸収域に隣接した波長域はCO2の50倍前後存在する水蒸気の吸収波長域であり、既に水蒸気に吸収されています。
CO2濃度を2倍にする実験でも赤外線の吸収はほとんど変わらないことがわかっています。
追試も同じ結果であり、科学者達はこのことを知っていたため地球温暖化CO2説は既に論破されているとして、全く支持されませんでした。
学会も長年にわたって成り立たないとしてCO2説を退けてきました。

CO2の400ppmと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほとんど同一で、赤外線吸収域の広がりはなく、濃度倍増で赤外線吸収が増える余地はありません。

反論2 地球放射を吸収したCO2は半分を地表の方向に、半分を上の方向に再放射する。上に向かった再放射は上の層のCO2に吸収されて、さらに上方向に再放射される。この吸収と再放射の繰り返しが行われて最終的に赤外線は宇宙へ出る。CO2濃度が高くなるとCO2による吸収と再放射の繰り返しが多くなるから、温室効果が高くなる。

反論2は多層大気モデルと呼ばれているものですが、地表では上向きの15μmの地球放射と同じ大きさの下向き大気放射が観測されています。ということは上向きに再放射と吸収の繰り返しで宇宙へ出る赤外線は存在せずCO2による再放射は一度上方向へ出たものも含めて全て地表に戻っていることになります。従ってCO2の赤外線吸収波長では正味の放射はゼロであり、多層大気モデルは机上の空論です。
大学の講義で教えられている大気を1層としたモデルでも地球放射をCO2が吸収した後の再放射の半分は宇宙へ向かうことになっていますが、同様に誤りであることが明らかです。観測で否定されるモデルは机上の空論、えせ科学です。

反論3 低圧低温の高空ではCO2による赤外線の吸収は飽和していないため、温室効果が高まる余地がある。

1952年にプラスが主張し、ペティの図が引用されて、その説明に使われています。ところが、この図はわずか1mの長さの空気柱で、低圧低温として行われた実験によるもので、現実の世界と比べてあまりにも短いのです。実際の成層圏下部は1万mの厚みがあります。
1mで50%の赤外線吸収率でも、5mもあれば100%の吸収率になってしまいます。当然1万mの厚みの赤外線吸収率は100%で、透過率はゼロです。
成層圏下部では15μmの赤外線の透過率はゼロという図もあります。

地表から出た15μmの地球放射は高さ10m未満で全部CO2に吸収されて、成層圏下部まで届きませんから、成層圏下部の赤外線吸収は温室効果と無関係です。

反論4 CO2濃度が高くなるとCO2による宇宙への放射の高度が高くなる。その高度は元の放射高度よりも低温だから、放射平衡を満たすようにその高度の温度は元の放射高度の温度まで上がる。高さによる温度の勾配は一定のはずだから、地上気温も高くなる。

真鍋淑郎氏の放射平衡による温暖化の理論をもとにしたものですが、CO2による宇宙への放射の高度は高さによる温度勾配がある対流圏ではなくて、-53度の高さによる温度勾配がない成層圏下部です。
従ってCO2濃度が高くなって、放射高度が高くなったとしても、元の放射高度と温度は同じですから放射平衡を満たすように温度が上がることはないし、その結果、地表温度も上がりません。

「今度は波長15μmを追求したいが、お金のかからない良い手」はありません。

遠赤外線を波長別に測ることができる分光放射計は数百万円はします。それを持っている大学や研究所の先生と親しくなったら、もしかしてタダで使わせてもらえるかも。

ちなみに私が現役の時の職場には分光放射計がありました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

sec********さん

2018/8/2015:40:14

hiyさんが言っている15umの吸収が飽和しているから、もう温暖化はしないというのは、出鱈目です。
昔、理科の実験で炎色反応というのをやったでしょうか?
塩化銅とかストロンチウムとかの溶液を、タングステンか白金の針金に付けて、ガスバーナーの炎に入れると、炎が特有の色に変わる。
それから、太陽光のスペクトルに、ブラウン、ホーファー線というのがある。恒星の連続スペクトルに、その星の大気が持つ原子による吸収線(暗線)があって、それを発見者の名前をとってB.H線という。
もともと、原子や単純な分子の持つ赤外吸収は、いくつかの特定の波長の集まりで、帯域として広がりはない。
地球放射は黒体の熱放射であるので、連続スペクトルになるので、二酸化炭素や水蒸気がもともと持っている、吸収波長では、そのエネルギーを全く吸収できない。
ところが、溶液や気体では、分子は、分子間衝突をしている。衝突した分子は、衝突によって分子結合が変形して、エネルギー状態に揺らぎが生じる。
吸収線は、結合電子のエネルギー準位の変動によってその波長が決まっているので、決まった波長になるが、エネルギー状態の揺らぎによって、その波長は幅を持つようになる。衝突はランダムに起き、また放射吸収もランダムで起きるので、エネルギーの揺らぎも確率の正規分布に従う(分子構造によってはそうならない場合もある)。そのために吸収線も広がる。濃度や密度などが高まれば、衝突は頻度が増し、2重、3重にも衝突するようになるので、吸収線は広がり、ある幅のスペクトルとなる。

グラフは高度による大気の吸収スペクトルの違いである。対流圏では、水蒸気以外の組成はほとんど変わらない。しかし、気圧=密度が違うために吸収スペクトルは相当違う。高い標高では、空気が薄いので、衝突頻度が小さくなる。つまり吸収スペクトルは狭くなる。
CO2の濃度が高くなると、CO2が衝突する頻度はもちろん増える。吸収スペクトルは拡大する。
大気の窓は狭くなり、地表温度は上がる。

hiyさんが言っている15umの吸収が飽和しているから、もう温暖化はしないというのは、出鱈目です。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる