ここから本文です

精神障害者保健福祉手帳について、何かご存知の方おられたら、ぜひご教示よろしく...

アバター

ID非公開さん

2018/8/2011:55:07

精神障害者保健福祉手帳について、何かご存知の方おられたら、ぜひご教示よろしくお願いいたします。


夫が職場でパワハラにあい、現在休職しながらうつ病の療養&治療に取り組んでいま

す。
傷病手当を受けてはいるもののかなり生活が苦しく、私も持病のためにほとんど寝たきりの生活のため、仕事に就くことも出来ない状況です。

そんなときにたまたま、精神障害者保健福祉手帳の存在を知ったのですが。
申請して取得出来るかどうかはさておき、一応職場に復帰予定のため精神障害者保健福祉手帳を取得したとなると、職場で何か悪影響を及ぼすようなことはないか、気になっています。

職場に在籍している状況での精神障害者保健福祉手帳を取得した場合のメリットやデメリットがありましたら、お教えいただけるとありがたいです。
実際職場に在籍中の取得された方のお話もお伺いできたら、ありがたいです。

差し支えのない範囲で結構ですので、よろしくお願いいたします。

補足回答いただいた皆様、本当にありがとうございました。
わからないことだらけだったので、とても参考になりました。
BAは自分では決めにくいため、すみませんが投票にさせてくださいね。
本当にありがとうございました!

閲覧数:
1,737
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hea********さん

2018/8/2012:14:18

精神障害者手帳を持っています。

家計の助けになるのは障害者手帳より障害年金の方です。審査は厳しく、受給できるかは主治医の診断書が大きな鍵を握ります。精神科の初診日から1年半経たないと申請できません。

一方、手帳を取得すれば障害者デビューしたことになるので、少しメリットもあります。

等級によっては水道料金やNHKの受診料が減免されます。スマホの基本使用料などが大手3社なら割引制度があります。タクシー料金はタクシー会社によっては1割引になります。他にも、美術館や博物館、動物園など公共施設が無料、もしくは割引になります。

働く場合は法律で定められた障害者枠で働くことができますが、障害者を積極的に採用している企業は少ないのが実情です。

お役に立ちましたでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「精神障害者保健福祉手帳」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mit********さん

2018/8/2109:48:00

まず最初に、障害手帳は行政が認定し、障害年金は年金機構が認定し、全く別の制度で、制度的にリンクしていません。
各々の制度での各級数での障害症状が、ほぼ同じなので、同じ認定級数に成り易いダケです。

また、障害手帳は「その時点の障害(≒治る事も有る)」が認定対象ですが、障害年金は「固定した障害(≒治ら無い)」が認定対象です。
ですから、障害年金証書を以て、障害手帳申請時の病状証明にする事が可能です。
(数年は障害症状が継続していないと、障害年金が認定される事は無い
(認定されれば、訴求(過去分)の障害年金も認められる))

障害認定において、精神障害は身体・知的(=IQ値が基準)を除く、「その他障害」で、「就労を妨げる精神症状(人の話が理解出来ない・時間・曜日等の認識が疎いetc)」を以って認定されます。
故に一般的に、2級で「就労不可」、3級で「就労に制限の係る状態」と言われています。

「一応職場に復帰予定のため精神障害者保健福祉手帳を取得したとなると、職場で何か悪影響」
→2級なら、会社の産業医は、復帰を認めない可能性が高いです。
(職場で事故等を起こせば労災として、会社が治療費を負担する事に成るので)
3級なら、職務を限定し、障碍者雇用として、給与が下がる可能性が在ります。

障害手帳を取得しなくとも、鬱病で休職した事は、会社に報告しているハズで、会社は認識していますから、対応は殆ど変わらないと思います。
(会社は障害手帳の取得を促すと思います(障碍者を雇用しているとしてカウントできますので))

医師がどの様な診断をしているかが解りませんから、断定した事は言えませんが、会社に復帰しようとも、しばらく(数年)は無理をさせない事をお薦めします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

shi********さん

2018/8/2019:54:34

一昨年 精神(気分障害)で障害年金の申請をし、障害等級2級で支給決定となりました。

その後その年金証書をもって市役所で手続きをして、精神障害者保健福祉手帳が2級で交付されました。

手帳が交付された場合のメリットは、税金の障害者控除(27万円)、バス代が半額、携帯電話料金の割引、などです。

会社の障害者の法定雇用率は2.2%なので、会社としては法定雇用率を達成しやすくなるので、悪影響を及ぼすようなことはありません。

iky********さん

2018/8/2013:32:28

デメリットは特にありません。
しいて言えば本人が障害者認定されるのに抵抗があるかってところですね。

メリット大概公共の施設が安くなる。携帯が安くなる。地域の公共交通料金が安くなる。

地域によって細かな違いはありまず。
働いていれば税金の控除額が増えます。

後は障害枠で就職する際には必要です。

役所の福祉課に行けば教えて貰えますが
医師の診断書が必要です。
半年以上通院し尚且つ障害手帳の診断基準に満たさないと診断書書いても無駄になりますので書いてくれないかもしれません。

別に取得しても黙ってればわかりませんし手帳があれば年末調整で税金控除が増えますが会社にバレるのがいやなら確定申告すれば良いだけです。

gan********さん

2018/8/2013:00:11

3級しか受けられないだろうから大したメリットはない
健常者でいた方がいいよ

piz********さん

2018/8/2012:58:18

障害者手帳は経済的な助けはほとんどありません。
お住まいの市町村がやっている福祉サービス、ぐらいに考えて下さい。
職場に復帰の予定であれば必要ないとも言えます。
旦那様の場合だと特にデメリットはないですが、メリットも大してありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる