ここから本文です

ネタバレ「この世界の片隅に」で、晴美ちゃんが空襲の後、時限爆弾(不発弾?)にや...

アバター

ID非公開さん

2018/8/2315:10:54

ネタバレ「この世界の片隅に」で、晴美ちゃんが空襲の後、時限爆弾(不発弾?)にやられてしまいます。

私はなんか経子さん目線でドラマを見ていて…私だったら、(もしそれで二人とも死んでしまったとしても)咄嗟に自分の体で庇おうとすると思いましたが、みなさんはどう思われましたか?すずさんが必死に手を引っ張っていくのがもどかしかったです。
すずさんも晴美さんを可愛がっていましたが…。

閲覧数:
5,000
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

reg********さん

2018/8/2318:53:49

そう言う感じで、

「あの時こうすれば良かった」
「私も一緒に死ねば良かった」

…といった後悔・罪悪感に苛まれて
苦しみもがく主人公個人と、時代の中で
虐げられていた女性全般の歴史的現実と、
そしてその中にあってしかしなおも主人公
の中に根を張ってあるヒューマンな人間性と…

といったものが重層的・複層的にドラマと
テーマ性とを織りなしていくのがこの原作漫画
の真の見せ場です。
多分ドラマ版では、そうした領域まで
とてもとても描き上げられんでしょうがね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「この世界の片隅に ネタバレ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

num********さん

2018/8/2321:09:27

ちょっとまだドラマの録画を見れてないのですが、
原作では隣組の勉強会で時限爆弾の処理法を学んでいます。

時限爆弾はほとんどの場合、地中深くに埋まるものです。
すると、その被害は縦長に狭い楕円形に広がり、
その範囲から外れた場合はかなりダメージが減少します。
ですから、その場からいち早く離脱するのが正しい避難法です。

下から上がってくる衝撃に対して体で庇っても
全く効果はありません。
勿論、咄嗟の判断は論理的にはできませんから
「径」子さんならそうしたかもしれませんが。

原作では、時限爆弾は地上に刺さった状態でしたので
被害が大きな真円状に広がってしまい、
厳密には二人とも死ぬしかないような状況でした。
劇場版アニメの監督は歴史専門雑誌に寄稿するくらいの
歴史ミリタリーオタクでしたので、原作者と話し合って
地中に埋まった状態の演出に変更しています。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる