ここから本文です

日清戦争で、

marcusliviusdrususさん

2018/8/2315:47:20

日清戦争で、

清国政府が
戦争に踏み切ったのは
なぜですか?
私が清の大臣だったら、
朝鮮と満州の防衛は
あきらめて、
山海関から
台湾までの地域の
防衛に専念します。
また場合によっては、
満州にロシア軍を
招き入れても
よいでしょう。

閲覧数:
103
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

わっかさん

2018/8/2415:01:28

この方面を任されていたのが北洋軍閥の大幹部であった袁世凱。彼は日本の軍事力は清、北洋軍閥に遠く及ばず、実際それまでの甲申事変などでも、日本は清にくらべ、少数の戦力しか半島に出せず、軍事的には圧倒されていた。それゆえ当時の清は日本を弱国と認識していたのである。甲午農民戦争への相互出兵後、清が日本に対し開戦の方向で対応したのは、もちろん勝つつもりでいたからです。それまでの事変と同様にね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ava********さん

2018/8/2414:29:09

何故?清朝が対日戦争を避ける必要があるのでしょう?

当時の清は「眠れる虎」と恐れられていた国です。
片や日本は1868年に近代化をして以降、徐々に力を増していたとはいえ10年前の甲申政変(1884年)では清国軍に完敗していた小国です。
清国が引き下がる理由は何もありませんでした。



何か認識違いがあるようですが日清戦争は朝鮮の甲午農民戦争に起因する日清間の戦争です。
甲午農民戦争は李氏朝鮮王室の政治に対する農民の一揆でしたが、李氏朝鮮の閔妃が清国に助勢を求めたので、清国は出兵するとともに天津条約に則り出兵を日本に通達しました。
日本も邦人保護の名目で出兵しましたが、騒乱沈静後に李氏王室は両国に撤兵を依頼し、清国は同意しましたが日本は李氏朝鮮王室の体質が改善されない限りまた騒乱が起きると主張し、李氏朝鮮の改善を主張します。
この主張の違いが戦争に至ったのです。
当時の李氏朝鮮は清国の属国であり、清国は日本の申し出に従う意思はありませんでした。


清国軍が「張り子のトラ」と呼ばれるようになったのは、日清戦争で日本に敗戦してからであり、日清戦争前の段階では清国は強国の一つと思われていたのです。

2018/8/2321:02:16

もし、日本の影響力を排除してロシアと手を結べば、満州・モンゴルは征服されて、華北も、北方から、脅かされたでしょう。
日本が、朝鮮半島から、満州でロシアと対立した事は、中国に取って幸いな事でした。

zez********さん

2018/8/2320:34:23

そもそも清側は日本ごときに負けるとはまったく予測していませんでしたからね。なら、対立を武力で解決する決断を回避する理由はなにもありません。

mek********さん

2018/8/2317:09:43

防衛ってどういうことですか?日清戦争は日本の侵略じゃないですよ。清が天津条約を破って朝鮮から撤兵しなかったから戦争になったのですよ。清は日本を舐めきっていたともいえるし、朝鮮の宗主国の立場に拘ったともいえる。宮古島島民遭難事件の時から、清の態度は日本を侮っていた。メンツに拘って無意味な戦争をするのは中国の伝統芸能だから、そういう血なんでしょ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mig********さん

2018/8/2316:39:07

最も近しい朝貢国である朝鮮を見捨てることはできませんし、たかが東方の一小国である日本相手に大国としての面子もあります。少なくとも見かけの戦力では上でした。廟議でそんな案を出したら少なくとも即刻解任、悪くすれば斬首でしょう。

満州に陸続きであるロシアを入れれば(現にそうなりましたが)、取られてしまうでしょう。少なくとも開戦前には日本に満州への野心はありませんでした(現在の中国ではあったように教えているようですが)。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる