はじめまして。急にリクエストして申し訳ありません。 現在、妻と離婚協議中の男です。 妻の暴言で医者に適応障害と診断されました。 別居前の妻の暴言については下記の質問に書きました。

はじめまして。急にリクエストして申し訳ありません。 現在、妻と離婚協議中の男です。 妻の暴言で医者に適応障害と診断されました。 別居前の妻の暴言については下記の質問に書きました。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14195007964 ここに書かなかった事としては妻の暴言で過呼吸に陥ってうずくまり胸が苦しいと訴える私に「死にはしないよ!もう騙されなからね!」という言葉、他には私が頭を下げて「悪かったよ。」と涙ながらに訴えると、妻は拳を振り上げて「このーーー!!なんでそんなに弱い!」と言いました。その後「本気で殴るわけ無いじゃん」と言いました。 妻の悪いところばかり書きましたが、産前はとても優しい妻でした。私に優しい言葉を毎日たくさんかけてくれて、私が「赤ちゃんは俺のこと好きになってくれるかなあ?」と言ったら「うん。きっと赤ちゃんはすぐにお父さんの事が大好きになるよ。」と温かい眼差しで言ってくれました。 先日、別居前の面会交流で妻に5ヶ月ぶりに会いましたが最初は一言も喋らず、私が近づくと離れました。「今日は赤ちゃんを連れてきてくれて有難うね」と言うと「はぁ!?」という罵声を浴びせられました。私は「それが言いたかっただけ」と言って、赤ちゃんと離れましたがしばらくして「さっきは酷いことを言ってごめん」と妻が謝りました。別居前からこういうことが度々あり、罵声→謝るの繰り返しでした。 それから子供も小さいし復縁をするべきか二人で悩みましたが妻の「あなたの病気が悪化したら一緒にいられるかわからない(=適応障害が悪化したら、また家を出ていく?)」「あなたは私の事がまだ好きと言うけど、私と子供のために何をしてくれるの?(何かをしなければ愛情を感じない?)」という言葉で、やはり無理かなと思いました。一応、そのときに私も「もし、もとに戻るなら前みたいな言葉はやめて欲しい」と伝え妻は「・・・うん。」と、少し考えた感じで了承はしました。 妻は別居前に言い過ぎだと謝ってくれましたが、私の病自体に謝罪や配慮はなく、自分は一般的な夫婦喧嘩をしたつもりだけど、私の心が弱いばかり病気になったという考えなのではないかと思います。 その後も少し話、妻ももとに戻りたい気持ちはあるけど、私の体調や周囲を巻き込んだということもあり、復縁は無理だと思っているようです。私自身、これから妻の実家で頭を下げていろいろ言われ、それから妻の生活に戻り、最初は良くても妻もまたキツいことを言うと思います。体調も、正直安定していません。 そう考えると、離婚したほうが良いでしょうか?うつっぽい傾向もあり、文章が支離滅裂かもしれませんが、申し訳ないです。

ベストアンサー

0

リクエストありがとうございます。 以前の投稿含め読みました。 率直な感想ですが 一番の原因は奥様のモラハラ系の言動だと思います。 奥様の言動は普通の夫婦喧嘩のレベルをはるかに超えています。 日々の暴言で追い込まれて適応障害や鬱っぽくなっています。 読ませてもらって、 あなたの奥様と私の元嫁は似てると思いました。 当時はモラハラの存在を知らず攻撃を受け続けているうちに 私も鬱になり何が正しいかさえ分からなくなった時期がありました。 ただ途中で相手がモラハラ系だと知り 元嫁に改善をしてもらわないとやっていけないと考えて 説得を始めました。 でも結果は改善は無理で離婚になりました。 あなたの奥様と私の元嫁の大きな違いはあなたの奥様は多少 自分のしていることに気づきているような気がします。 とは言え、気付いているから改善が進むかといえば そうでもないのがモラハラ系の問題はです。 多分。奥様は自己愛性人格障害に近い性格をしていると思います。 自己愛性人格障害であるかどうかの医者の判断んが大切なのではなく、 奥様はモラハラ系の気質を持ち、モラハラ系特有の攻撃で あなた自身が洗脳されていることに気づくことが必要です。 モラハラ者は独特なマイルールを作り 人格否定や行動否定をし相手を追い込みます。 また必要のない罪悪感を植えつけることで相手を陥れます。 詭弁を使いながら自分を正当化しますし、 自分が追い込まれると嘘をつく、 話の本質を捻じ曲げて優位に立とうとします。 これが、モラハラ系特有の性質です。 なので聞き流しができないと苦しみます。 離婚の話ですが 奥様の場合は多少自分の非を認める面もありそうなので 感情的にならず 説得するような心構えで話し合いをされるのが良いかと。 少しでも本人が気づきて改善をしようと思えるなら 焦らず、心をほぐしてください。 表面は強いですが内面はもろいです。 修復を願うなら戦わず導く気持ちで それでも限界を超えるようなら離婚です。 まずはあなたが冷静になるのが大切です。 自分のペースを守り自由にしてください。

長い文章を読んで頂きありがとうございます。 また、突然のリクエストにもかかわらず御回答頂き有難うございました。 やはり妻は自己愛性人格障害傾向のモラハラ気質持ちなのでしょうか。面会交流で会った時に本当に私が言って欲しかった言葉はこんな感じだったのかもしれません。「あの時は私もどうかしてたよ。産後で自分でも抑え切れないくらいイライラして普通じゃなかった。私の言葉で沢山傷つけてごめん。あなたがこうなってしまったのは私の言葉が原因だとわかっている。もしそれでも戻ってくれるなら体調が悪い時は横になってもいいし、前みたいな暴言はもう2度と言わないよ。結婚した時の気持ちを思い出したよ。やっぱり好きだから離れたくないよ。」

その他の回答(2件)

0

あなたのことも心配ですがそんな情緒不安定な奥様と一緒に過ごして行くお子様が1番心配になります…