ここから本文です

戦犯が靖国神社に合祀されていることがよく問題になりますが、遺族がそれを望むの...

アバター

ID非公開さん

2018/8/2523:10:33

戦犯が靖国神社に合祀されていることがよく問題になりますが、遺族がそれを望むのなら、それはそれでいいかもしれませんが、外国の要人で靖国に公式参拝された方はいるのですか?

千鳥ケ淵戦没者墓苑には行くけど、靖国神社には行かない外国要人、靖国には行くけど、千鳥ケ淵には行かない外国要人も分かれば教えてください。
また、クリスチャンや仏教徒など、神道ではない人でも、靖国神社に祀られているのは何故ですか?
遺族には困っている人もいるようですが、信教の自由とか、そういう観点から問題にならないのですか?それに関する裁判はありますか? その判決も知りたいです。よろしくお願いします。

閲覧数:
37
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sat********さん

2018/8/2608:11:23

アルゼンチンフロンデシ大統領ご夫妻
トンガ王国のタウファアハウ・ツポー4世国王とマタアホ王
ウー・ヌー前ビルマ首相
タイのプミポン国王ご夫妻
リトアニア共和国のスレジェベシス首相
インドネシアのアラムシャ・R・プラウィネガラ宗教相
ブラジル・カトリックのドンジャイネ司教
チベット、ラマ教法王のダライ・ラマ14世
などが公式参拝しています。

千鳥ケ淵戦没者墓苑には行くけど、靖国神社には行かない外国要人
ケリー元米国務長官とヘーゲル元米国防長官

靖国には行くけど、千鳥ケ淵には行かない外国要人は聞いたことがないです。

靖国神社は信教の自由を有する独立した宗教法人であるから、だれを祀るか祀らぬかについて、遺族の意向など確かめないし、同時に、政治家からの『A級戦犯分祀』勧告などもけっして受け容れないのだ」という、靖国神社職員有志が主張している「靖国教独立宣言」があります。国にたいして命をささげた軍人かどうかが基準です。

信教の自由があるから、靖国神社は残っています。訴訟もされていますが、宗教的に墓ではなく、御霊を祭る所ですので裁判で決着をはかる問題ではないという判断です(肖像権も侵害していないし、国からお金をもらっているわけでもない)

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/8/2609:23:34

    仏教徒なら長い歴史のなかで神道と共存というか、混淆していますから問題ないと思いますが、クリスチャンにとっては改宗を強制されているわけではないのに、あきらかに不快な気持ちになったり、こわくなったりするのでしょう。靖国の存在が強引な印象を受けます。そういうところが、皇室となじまなくなったのでしょうね

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる