ここから本文です

bump of chickenの藤原基央さんの昔の歌い方なのですが、天体観測という曲のAメロB...

chi********さん

2018/8/2618:48:53

bump of chickenの藤原基央さんの昔の歌い方なのですが、天体観測という曲のAメロBメロは低音域ギリギリ?で、サビは音程を1オクターブほどぐっとあげて全力で歌う。というようなことを聞きました。

1、天体観測自体音域が2オクターブなのですが上の歌い方は合っていますか?

2、昔の藤原基央さんの歌い方を真似というほどではないのですが、近づきたいと思っています。音域を高くしてもあまり高くなったように聞こえないような声です。AメロBメロはそれっぽく歌えるのですが、サビでどうしても声が高くなり、それっぽさがなくなってしまいます。

ミックスボイスもだんだんと出せるようになり、地声感も入ってきているのですが、その地声感を入れても極端に高いです。藤原基央さんのミックスボイスはあまり高くないように聞こえます。これは声質の問題なのでしょうか?それとも閉鎖でどうにかできるものなのでしょうか?

閲覧数:
286
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mok********さん

2018/8/2911:42:36

本人がどういう意識で歌ってるかはわかりませんが、発声の考え方としては逆です。

低いメロは低く歌おうとせず軽く歌う事です。
そうしないと必要以上に重くなったり抜けの悪い籠った音になりがちです。
サビは逆に低音で意識するような下の響きが必要です。
当然ながら高く歌おうとすればするほど頭側の響きだけが強くなり、キンキンと薄い音になります。

低音、高音とも自分の中で基準になる支えの場所を持っておき、あとはそこから響きを広げるか広げないかで声質を調整します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる