ここから本文です

葬儀、墓は、神道式ではなく、仏教式が多いのはなぜですか?

fer********さん

2018/8/2810:42:35

葬儀、墓は、神道式ではなく、仏教式が多いのはなぜですか?

閲覧数:
227
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uri********さん

2018/8/2815:35:12

離島や特定の村などには、仏式墓が存在せず、神道墓ばかりという例もありますが、

全国的にみれば、神道墓は少数です。

これは江戸時代に、幕府がキリスト教の禁教をし、国民を統治するために、寺に
その任務を押し付けたからです。
寺では、住民を「檀家」として、戸籍や住民票のような管理をし、またクリスチャンではない証明なども行いました。

それから、幕府は「徳川さまNO1」としたいので、天皇と密接関係の神道での
葬儀や埋葬を禁止し、天皇という意識を国民から消そうとしました。

天皇は大神主でもあり、神道のトップでもあるので、神道色を幕府は嫌ったと
いわれます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

byy********さん

2018/8/3008:28:25

聖徳太子が仏教を奨励したからです

mab********さん

2018/8/2921:16:03

前の方が書かれた通り徳川幕府の「寺請け制度」と神道は死を穢れするからだと思います。佛教は死を穢れとする思想もありませんし、浄土思想等の救いもあります。

sug********さん

2018/8/2919:59:40

他の方と同じですが、江戸時代は「寺請け制度」といって、
住民管理(今の戸籍や住民票)をお寺が行っていたようです。

各地へ旅行する際の通行手形の発行も寺が行っていたと聞
きました。

それもあって、葬儀はお寺という結びつきができたのだと思い
ます。

神道は、明治まで無視?されてきましたが、平田篤胤さんとか
が、復興に努力したという小説「青い空」(作者は忘れました)
は結構面白かったです。

dnx********さん

2018/8/2918:43:43

これからは無墓の時代です。

sul********さん

2018/8/2819:29:44

神道は。死を黒不浄として忌み嫌い、神社に入り込むのを嫌っています。
それに対して、仏教は死んだ者への慈悲の心から死者を弔うようになったと聞いています。
それ以前は、庶民にはお墓がなかったようです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる