ここから本文です

サポートタイツの購入で迷っています。

chi********さん

2018/8/2813:37:08

サポートタイツの購入で迷っています。

これまで、サポートタイツは使わずにストックだけで登山をして来ましたが、膝を痛めてしまった為、今後の予防の為に、購入を検討しています。(※本来必要な足腰の筋力トレーニングは日々欠かさない前提です。)

山行は、
テント泊がメインで、厳冬期の雪山もテント泊で行きます。

質問なのですが、
1.サポートタイツは着脱の時は窮屈な素材の性質上、かなり力がいる。また就寝時は脱がないといけない。」と聞きますが、狭いテントの中で脱ぎ着は問題ないレベルでしょうか?
また、厳冬期の寒いなか、地肌を露出しての脱ぎ着は非常に現実離れをしている様に思うのですが、、、いかがでしょうか?

2.サポートタイツは、雪山ではどうするのでしょうか?雪山では、私はオーバーパンツの下には軽い保温用のタイツを履いていますが、サポートタイツを履いている場合、このあたりの組み合わせはどうなるのでしょうか?
更に重ね着?それともサポートタイツだけでしょうか?冬用のサポートタイツがあるのでしょうか?
また、どちらにしても、サポートタイツの上から、長ズボンを履いた時の、足の動きに干渉はあるものでしょうか?

3.そもそも、サポートタイツに膝痛予防の効果はあるのでしょうか?(ストックと併用前提)

サポートタイツ初心者で、あれこれ質問が多いですが、よろしくお願いします。

閲覧数:
215
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ase********さん

2018/8/2815:40:45

サポートタイツとは、血流を阻害すること「加圧」で本来100%の力が「過剰に」出てしまうところを必要程度の割合に抑える働きがあります

そうすることで100%の力が80%(パーセンテージは適当です)に抑えられることで、100%の疲労が80%の疲労に留まる仕組みとなっています

疲労軽減、などと言われていますが、正しくは使う力の軽減効果です

とはいえ、本来の加圧の効果ほどではないです
本来の加圧は専門知識を持った人が調整して行うもので一般人にはリスクが大きいです
やんわりな加圧といった印象です

また、正しい位置で着ないと効果が薄れるのは加圧が専門知識を持った人でないと調整できない事実からも裏付けられており、よって、私はサポートタイツは「プラシーボ効果」程度にしか思っていません

しかしながら、8、9割は私は履いてます
その理由は「暖かいから」「肌がむき出しにならないことで怪我防止につながるから」の2点です


1、上記を踏まえて、血流を阻害するので寝る時は脱いだ方がいいことは間違いないです
尚、厳冬期は赤岳くらいしかやりませんが、山小屋では必ず脱ぎます
寝ている時に血の巡りが悪くなりますから

テント泊などでは寒いというのはあるようですが、テント内で着替える分にはいいのでは?と無責任なことを言って見ます

2、厳冬期は、下からパンツ、サポートタイツ、オーバーズボンだけです
マイナス25度くらいでこの格好で寒いと感じた事はないです

サポートタイツを履く事で生地が滑りやすいことでズボンに伸縮性があれば膝が引っかかるような事は避けられます

3、ありません

  • 質問者

    chi********さん

    2018/8/2818:26:08

    回答ありがとうございます。

    加圧の仕組み、勉強になります。ありがとうございます。

    マイナス25度でサポートタイツとオーバーパンツの組み合わせだけで、クリアできれば、私のレベルの山行では問題はないです。
    私のオーバーパンツは、ハードタイプですが、比較的伸縮性がありますので、では心配なさそうですね。

    ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sup********さん

2018/8/2910:53:53

期待してはならない
サポートタイツで膝が痛くないなら
世界中の登山愛好者はタイツば履く人かりですよね。
膝が痛くなるのは膝の屈伸に必要な筋力不足と
身体を持ち上げたり降ろしたり、支えるための筋力不足で
膝の関節に過剰な負荷がかかるから。
筋力つける以外に膝痛からの解放は有りません。

tak********さん

2018/8/2823:02:52

1、スルッとは脱げませんが、それが着替えを躊躇する理由になるほどではありません。私はゴムの部分が痒くなるので寝る時は脱ぐようにしてますが、履いたまま寝ることも可能です。冬山でもテントの中であれば、着替えするぐらいは出来るでしょう。

2、タイツを重ねばきしても問題ないですよね。私はオーバーパンツの下にはジャージとサポートタイツです。

3、正直言って効果があるかどうかはわかりませんがメーカーHPには効果があると書いてますよね。

ran********さん

2018/8/2820:02:01

それなら、サポートタイツではなく膝サポーターの方がいいですよ。
着脱も簡単ですし、ズボンの下でも上からでも装着できます。
サポートタイツは私も利用していますが、膝が特にサポートされているという感じはしません。
テント内で脱ぎ履きするのはかなり困難です^^;

isa********さん

2018/8/2818:38:28

昔CWXで冬山テン泊したけど 寝る時 締め付けられ感で寝心地が悪かった それ以降使ってない 膝だけのサポーターをオススメする、冬山で脱ぐのは非現実的。

rum********さん

2018/8/2818:22:50

まず機能的な事をざっくりおさらいすると

膝まわりをテーピングみたいな効果でたすけてくれる
いわゆる「サポートタイツ」

長距離ならふくらはぎや太ももの圧力が高くて
疲れを軽減してくれる「コンプレッションタイツ」

大きく分けてこの2つですが両方を併せ持つものが多いんで
どちらの機能をより強調しているかで選んでみてください


1.多少締め付けますが大丈夫だと思います
あまりに悪戦苦闘(笑)するようなやつだとサイズ違いかも?

2.普段着るシャツなんかにもよくありますが
体感+3℃とか+5℃なんかの寒さ対策されたものもあります
逆に重ね着するより軽い服装ですむと思いますよ(^^)
暑い時期には-2℃みたいな涼しいタイプもあります

3.最初に書いたように膝のぐらつきを抑えて
膝痛を予防する効果と
足の筋肉をサポートしてくれる効果があります

キネシオロジーテープ(筋肉サポートテープ)のように
太ももからふくらはぎまで膝をクロスするようなラインの
デザインがされてるのが多いんですが
まさにそれがサポートしてくれるパーツですよ(^^)

山メーカーや山用にこだわらずに
ランニング用やトレーニング用等で色んなタイプがあるんで
お好みを見つけてみてくださいませ

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる