ここから本文です

業務中に発生した労働災害についての休業補償について ◎現状の説明 職業は事...

アバター

ID非公開さん

2018/9/504:06:31

業務中に発生した労働災害についての休業補償について


◎現状の説明
職業は事務です。
業務中に設備不良によるケガをし、右手の感覚が無くなりました。動きますが痛みを伴います。

担当医からは「痛みがある場合は会社を休み、なるべく、手を動かすように。」との指示がありました。通院の頻度は1週間に1回で、現在も継続中です。投薬治療で、リハビリなどはありません。

会社側に上記内容と現状は動かすと痛みがある。ということを併せて伝えたところ、痛みが無くなり担当医からの許可が出たら出社するようにとの指示があり、自宅待機になりました。

休業補償給付支給請求書の診療担当者の証明は頂くことができ、現在手続きの最中です。


◎質問内容
①以上のような状態ですが、休業補償の給付は頂けるものなのか?
②労働災害によるケガで、痛み止めを飲んだら、就業可能な状態であった場合、就業するものなのかどうか。(個人的な心情を申し上げますと、プライベートで発生したケガではなく、まして設備不良によって発生したケガであるから、そこまでして働く必要ってあるのか?と思っています)


◎質問の意図
申請の要件は満たしているが、労基側が上記の状態なら就業可能であると判断し、補償されなかった場合、それなりに困り、今後、痛み止めを飲みながら働くべきかどうかの判断材料にしたいと思い、質問しました。

補足訂正前
右手の感覚が無くなりました。動きますが痛みを伴います。

訂正後
右手の感覚が無くなりました。右手を動かすと前腕部に痛みが伴います。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
59
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hir********さん

リクエストマッチ

2018/9/510:04:04

①どの程度の疾病なのかがよくわかりませんが、通常は医師の労務不能診断があれば休業補償給付の対象になります。

もちろん「業務の遂行性と起因性」が認められるという前提条件がありますが。

ただし、「右手の痛みだけで労務不能?それはおかしいんじゃ?」と労働基準監督署が判断した場合は、医師に状況確認やらなんやらして、その結果次第になったりはします。

(医師がこのあたりのラインを知らずに、労務不能診断を軽く出している、というケースは結構あるみたいなので)

今時骨折しても「ギプスして、松葉杖で、出社」の扱いになるので、このあたりが怪しい感じはします。

②医師の診断に従う事になります。
医師が「痛み止めで働けるなら働いて良いよ」というなら働いてください。
そんな許可はしないというなら療養してください。

これは労災になるかどうかとは関係なく、医師の療養の範囲のことですからそれを守るべきです。

>労基側が上記の状態なら就業可能であると判断し、補償されなかった場合

今回はこの可能性は無いとは言えないケースですが、労基署の判断が出るには速くて2ヶ月、遅くて3ヶ月とかかかります。

その間
「①休業補償が貰える状態だったのに、働いたので休業補償は貰えなかった」
「②休業補償が貰えない状態だったのに、休んでしまったから給与も補償も入らない」
の、どっちも考えられます。

この結果は現時点では誰もわかりません。
一般的には収入が無い事が一番困るので、①を選択し「働けるなら少々無理してでも働いておこう」となります。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/9/514:10:48

    内容とてもよくわかりました、ありがとうございます。

    会社側に再度相談をしたところ、業務が可能であることを証明する医師の診断書を持ってくるようにと言われ、医師にその旨を依頼したところ、医師からはそのような診断書はまだ作成できないとのことです。

    現状できることは、出るかどうかもわからない休業補償が出ることを祈りつつ、会社と医師の指示に従うのがベストのような気がします。

    幸い、会社側は慰謝料等々も全て払うので治療を第一に考えてほしいと言っているので、休業補償が出なかった場合は、その分も合わせて請求してしまおうと思います。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hir********さん

2018/9/508:20:56

①請求書(様式8号)に記入された傷病名にもよりますが、初回請求ですし「診療担当者が療養のため労働できなかった」として証明しているので、今回請求する分は支給されるのではないかと思います。
なお、回答者は認定権者ではないので断定はできません。

②「業務災害=仕事を休んでいい」ではないので、仕事を休まなくてはならないと医師が判断する状態(要休業状態)でなければ、労災の休業補償は支給されないので仕事する必要があります。

質問者さまは「痛みがある場合は仕事を休むように、でも、なるべく手は動かすように」と医師から言われてるわけですが、手を動かすと痛みがあるんですよね?
それは、診察の際医師に伝えていますよね?
鎮痛剤が処方されているなら、その効果はありますか?
鎮痛剤の効果があり、鎮痛剤を飲めば手を動かしても痛くない、手を動かした後も特に痛みが残らないのであれば、「痛みがある場合は仕事を休む」には該当しなくなるので、要休業状態ではないですから仕事するしかないと思いますが・・・。
仕事しながら労災で通院治療するのは珍しいことではないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tsu********さん

2018/9/508:15:29

①労基が判断します。業務との「起因性」「遂行性」が証明されれば給付されます。

②医師が判断します。医師が「会社を休み」と診断しているのならそれに従うのが筋です。「右手を使わない軽作業なら就業可能」と診断されたのなら就業するのが筋でしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる