ID非公開

2018/9/9 0:50

44回答

FXについて レンジの上下限で逆張りってかなり博打じゃないですか?マジでやってる人いるんですか?勝ってますか?てかレンジってちゃんとわかるのって後からですよね?リアルタイムは三山かもしれないしわからない

FXについて レンジの上下限で逆張りってかなり博打じゃないですか?マジでやってる人いるんですか?勝ってますか?てかレンジってちゃんとわかるのって後からですよね?リアルタイムは三山かもしれないしわからない ですよね

ベストアンサー

0

レンジの形成要素がわかっていれば、そんなに危険な場面にはならないけどね。 下位足ばかりで見ていると理解しにくく上位足などで見ると、簡単に理解できる。 急激な推移後に移動平均線の後追いを待っていたり、底値圏や高値圏でのもみ合い場面も移動平均線の集束を待つ場面だったり、今までの過去チャートを見てれば、その位置関係で、ネックラインを形成する準備期間だというのがバレバレだったり。 レンジと言うのは、時間稼ぎ「移動平均線待ち」や高値の位置調整などが目的の場合が多い。目的がわかれば、簡単に見分けがつく。 どうして移動平均線を待っていると思いますか? チャートにとって、移動平均線は、ほとんどのトレーダーの生命線だから。 そろえば、多くの投資家が加勢してくれるんだよ。

その他の回答(3件)

0

何回も往復でとるのは私もできませんね。 トレンド方向に2回くらいはやります。 レンジは波形パターンと分けて考えたほうがいいですよ。 波形パターンが崩されるから、レンジになるんですから本末転倒です。

ID非公開

質問者

2018/9/9 16:06

リアルタイムでレンジとわかってるということですか?

0

レンジの上下限での逆張りっぽいエントリはかなり勝率高いと思います。 なぜって、レンジっぽいから。 おっしゃるようにレンジかどうかは、後になってみないとわかりませんが、そんなことは知ったことではなく、レンジっぽければ、それを見た参加者がそこで出たり入ったりしてきます。 そうなると結局、レンジの上下限付近で折り返すことになります。 そんなわけでレンジ逆張り戦法は僕は結構好きです。

0

そうかもしれませんが、それがそうでもないときがあるんです。 デモスキャなんでえらそうなことは言えませんが、そのあたりのエントリーは上下幅が狙えるので超おいしいんです。あっていればスキャルからデイトレに昇格しますし、逆ならいつものように切っておしまいです。