ここから本文です

資本準備金と利益準備金の違い、使い道、なぜ必要なのかを簡単に教えてください。

fro********さん

2018/9/1217:05:38

資本準備金と利益準備金の違い、使い道、なぜ必要なのかを簡単に教えてください。

閲覧数:
102
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

joh********さん

2018/9/1313:34:12

↓今どき株に額面があるかよ
しかも資本準備金は外部から資金調達されたものだって
とんでもないアホだね

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cal********さん

2018/9/1301:06:34

ざっくり言いますと、資本準備金は基本的に増資などで新株を発行した際に、例えば額面5万円株式を100株増資したとして、そのときの時価が7万円だとすると、会社に入金されるのは700万円です。しかし、これをそのまま資本金としてしまうと、株主への配当が例えば5%だった場合、配当金額が上がってしまうことになります。従って資本金500万円資本準備金200万円とすれば500万円(額面)に対して配当をすることができます。
利益準備金は配当原資である繰越利益剰余金を利益準備金として残しておくことで、今期の配当の原資を縮小すると同時に、将来配当が難しい時期が来た場合に、これを取り崩して配当に充てることが可能になります。
資本準備金は性格的には資本金であり、外部から資金調達されたものであり、利益準備金は自社が獲得してきた利益の累積(利益剰余金)の一部です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる