ここから本文です

一般的な感覚でお答えください。例えばテレビが壊れ、10000円の見積もりが来て修理...

djm********さん

2018/9/1413:03:55

一般的な感覚でお答えください。例えばテレビが壊れ、10000円の見積もりが来て修理を頼みました。やはり別の部品交換も必要で追加で15000円の見積もりも来ました。この場合最終的には25000円の

請求がくるのか、15000円の請求がくるのかどちらだととらえますか?

補足自分の感覚は25000円で来ると思いますが、一般論でどうなのかと思い質問しました。

閲覧数:
65
回答数:
10
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sat********さん

2018/9/1414:06:17

一般論で言えば10000円の見積もりをしたのですから10000円で修理するのが筋ですね。やってみないと金額が分からないのなら10000円~25000円という幅を持った見積もりをするべきです。最初の見積もりより高くなるのはミスですからその件について十分な謝罪があって了承したのならその時点で最初の見積もりは破棄され再見積もりになりますから15000円が普通だと思います。最初の1万円もあとの1万5千円も両方払えというのは私なら十分な説明を求めます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nbn********さん

2018/9/1416:46:26

普通、修理者はまず修理に必要な部品(複数)を提示し一番高い見積もりをだします。で、交換しなくて良い部品がでたので安くすんだ。の流れで修理します。後での追加料金はクレームの元です。例外もありますが、質問のような修理者がいるのであれば他の人に修理をたのみましょう。素人です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yto********さん

2018/9/1416:42:46

それぞれの「見積もりの明細」を確認

10000円の見積もり=A部品交換修理
15000円の見積もり=B部品交換修理=25000円の請求
15000円の見積もり=A、B部品交換修理=15000円の請求

kyy********さん

2018/9/1415:56:39

それは明細次第ですよ。

部品Aを交換するから1万円
追加で部品Bも交換するから1万5千円

という場合

追加できた明細にAとBが書かれていれば合計で1万5千円ですし、Bだけが書かれているのなら最初の明細に加えてということになるので2万5千円になります。

m21********さん

2018/9/1414:11:55

どの時点で追加を出して来たかもありますけどそんなタケノコぼったくりみたいに追加を重ねて見積書出してちゃ見積書の意味ないだろう(笑)出来高請求で良いだろう
確にこういう物は詳細に点検しないと精査な見積もりは出せないのですがそういう事も含めた見積書なわけであってこの部品がダメな場合はA金額で問題なさそうならB金額とかの説明も必要ですし今のテレビ等部品ユニット毎ごとの交換だしメーカー修理屋ならその辺の予想が出来ない訳は無い(見極められなかった修理屋が二流なのかも)別途費用は別請求になりますって事ですけど修理部品なら別途費用じゃ無く見積書商売してる人の感覚なら10000円だろうし修理屋の立場も分からないわけでも無いので5000円はサービスしてよって交渉はするし25000円等はありえない…メーカー純正受けの修理屋もメーカーからの修理依頼で利益率的に厳しくとも見積書ってのはそんな軽いもんじゃ無いでしょう

プロフィール画像

カテゴリマスター

kyt********さん

2018/9/1413:09:45

総額いくらかを訊ねれば何も問題ない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる