ここから本文です

敬語の問題です。

アバター

ID非公開さん

2018/9/1423:53:14

敬語の問題です。

この問題教えてください!

お誘い合わせ,尊敬語,ご足労,謙譲語,敬語,問題,申し訳

閲覧数:
68
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kai********さん

2018/9/1515:19:45

①お越しになって
・・・「参る」は「行く」の謙譲語。相手の動作だから「行く」の尊敬語を使う。

②おっしゃって
・・・「申す」は「言う」の謙譲語。相手の動作だから「言う」の尊敬語を使う。

③ご出席なさい/ご出席になり
・・・「お~され」は「お~する」は謙譲語に尊敬の助動詞「れる」を加えたものだが、尊敬語にはならない。「ご~なさる」「ご~になる」の尊敬語の形にする。

④なさいます
・・・「いたす」は「する」の謙譲語。相手には「する」の尊敬語「なさる」を使う。

⑤お伺いいたします
・・・「ご足労」は尊敬語。自分の動作には使えない。また「ご足労をする」とは言わず、「ご足労をかける」というのが尊敬語の言い方。尊敬語は自分の動作には使えない。

⑥申し訳ございません
・・・「すみません」は稚拙な表現

⑦お誘い合わせのうえ
・・・「お(ご)」は動詞(「誘い合う」)の上には直接付かないという原則がある。
「誘い合わせ」という名詞に「お」が付いた形にし、「お誘い合わせ……」とするのが正しい用法。
「“お”誘いあわせ“して”……」なら、名詞形なので正しいようにみえるが、これでは相手に「お~する」の謙譲語を使うことになるので、やはり誤った敬語になる。

⑧いかがでございますか
・・・「どうで」は稚拙。「いらっしゃる」は「行く・居る」の尊敬語。「ござる」は「です」の尊敬語。

⑨ご覧になってください
・・・「お見せ」よりも「お目にかける」が敬意が高いので、「お目にかけましょう」のほうがよい。
ただし、自分が相手に見せる行為であっても、相手に見ていただくという言い方が、尊敬語としてはふさわしい言い方。
「お見せしましょう」は、恩着せがましいニュアンスがあります。ぜひ見ていただきたいという言い方が尊敬語の表現としては適切だといえます。

⑩お気をつけ
・・・「お≪気をつけ≫ください」が尊敬語の形。
「~て」を付ける場合は、「お」は付けられない。「お」を付けるなら「て」を外す。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hon********さん

2018/9/1508:47:22

①お越し
②おっしゃって
③ご出席なさい
④なさいます
⑤出向きます又は伺います
⑥申し訳ございません
⑦お誘い合わせのうえ
⑧いかがでしょうか
⑨お見せいたしましょう
⑩お気をつけください

min********さん

2018/9/1500:25:47

① いらして
② おっしゃって
③ ご出席なさい
④ なさいます
⑤ お伺いいたします
⑥ 申し訳ございません
⑦ お誘い合わせの上
⑧ いかがでいらっしゃいますか
⑨ ご覧いただきましょう
⑩ お気をつけいただきたい

chi********さん

2018/9/1500:03:26

いらして
おっしゃって
ご出席なさい
なさいます
ご足労おかけします
申し訳ございません
お誘い合わせの上
いかがでしょうか
お見せしましょう
お気をつけください

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる