ここから本文です

海上自衛隊が南シナ海で潜水艦訓練を行った件で、TBSの解説委員が中国を刺激する行...

ken********さん

2018/9/1807:33:15

海上自衛隊が南シナ海で潜水艦訓練を行った件で、TBSの解説委員が中国を刺激する行為は行うなと猛批判していました。中国にたびたび日本は刺激されているが中国に対しては何も言いません。TBSはどこの国の報道機関な

のですか?

閲覧数:
181
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jun********さん

2018/9/1807:36:34

毎日新聞傘下ですから当然です。
朝日傘下のテレ朝と同じ穴のムジナです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dir********さん

2018/9/1900:45:05

●海自潜水艦隠密作戦 中国狼狽 同盟国・米国も了解
2018年9月18日 夕刊フジ
南シナ海で軍事的覇権を強める中国への”強烈なメッセージ”なのか。
防衛省は2018年9月17日、海上自衛隊の潜水艦を南シナ海に派遣し、護衛艦部隊とともに対潜水艦を想定した訓練を実施したと発表した。
潜水艦の行動は「極秘中の極秘」であり、今回の公表は極めて異例。
同盟国・米国も了解しているとみられる。
国際法を無視して、南シナ海の岩礁を軍事基地化している中国への牽制とともに、中国の具体的行動への”警告”と分析する関係者もいる。
米中貿易戦争が激化する中、中国の軍事的挑発を阻止する狙いなのか。
中国は反発したが、動揺を隠しきれない。
「自衛隊の訓練は、練度を向上させるためで、どこか特定の国を想定したものではない」
「南シナ海における潜水艦の訓練は15年前から行い、昨年も一昨年もしている」
安倍晋三首相は2018年9月17日夜、テレビ朝日系「報道ステーション」に生出演した際、海自の対潜水艦訓練について、こう説明した。
重ねて、安倍首相は
「事実上、そうした訓練は(近隣国である)相手方も、十分に承知していることが多い」
とも述べており、中国を意識したメッセージであることは、間違いない。
中国は南シナ海のほぼ全域に歴史的権利があると主張し、独自の境界線「九段線」を引く。
国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所は2016年、こうした主張を否定したにもかかわらず、中国は、スプラトリー(中国名・南沙)諸島の岩礁を勝手に埋め立てた人工島に滑走路やレーダーを建設した他、パラセル(同・西沙)諸島に地対艦ミサイルを配備し、軍事拠点化を進めている。
共産党一党独裁による中国の覇権拡大に対し、
「自由と民主主義」
「人権」
「法の支配」
といった価値観を共有する自由主義諸国は、警戒感を強めている。
ドナルド・トランプ米政権は「航行の自由」作戦を展開し、英海軍も揚陸艦を航行させて圧力をかける。
こうした中、今回の海自の訓練は、九段線の内側、フィリピン西側の公海上で行われたという。
海自などによると、南シナ海に派遣したのは、海自呉基地(広島県)を母港とする潜水艦「くろしお」。
2018年9月13日までに護衛艦「かが」「いなづま」「すずつき」の計3隻と合流し、護衛艦や艦載ヘリコプターがソナーを使って敵の潜水艦を探索する一方、潜水艦は探知されないように護衛艦への接近を試みる実戦的内容だった。
「くろしお」は、全長82㍍、幅8.9㍍で乗員約70人の潜水艦(排水量2750トン)。
「かが」は海自最大の護衛艦で、空母化の構想もある「いずも」と同型だ。
これに対し、中国の反応は、従来のような激烈な反発ではない。
中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は2018年9月17日の記者会見で
「現在、南シナ海の情勢は安定に向かっている」
「域外の関係国は慎重に行動し、地域の平和と安定を損なわないよう求める」
と述べた。
ドナルド・トランプ米大統領は2018年9月17日(米国時間)、中国からの輸入品に追加関税を課す制裁第3弾を2018年9月24日に発動すると発表した。
中国の”軟化”は、対米貿易戦争での苦境を反映しているのか。
このタイミングで日本側が対潜水艦訓練を公表した狙いを、専門家はどうみるか。
米国事情に精通する拓殖大学海外研究所所長の川上高司教授は
「訓練の公表が、中国への牽制であることは間違いない」
「米国の対中関税制裁は強力で、日本は米国と歩調を合わせ、軍事面から後方支援するという意味があるのだろう」
と話した。
これと符合するように、官邸に近い永田町関係者は次のように語った。
「米中貿易戦争が激化する中、中国が軍事的緊張状態を演出する懸念がある」
「今回の公表は、日米による『軍事的緊張を許さない』というメッセージだった可能性が高い」
「潜水艦『くろしお』は最新鋭潜水艦ではなく発見しやすいが、中国の哨戒能力では把握できなかったのではないか」
「このため、『我々は南シナ海でも自由に行動できる』『挑発はダメだ』と伝えるため、異例の公表に踏み切ったとみる」
「軍事的挑発で懸念されるのは、弾道ミサイルを搭載した中国原潜の太平洋進出だ」
「米中の軍事的緊張が一気に高まる」
中国の具体的行動を受けたメッセージとの分析もある。
防衛関係者は
「防衛省の今回の動きは異例だ」
「表向きのメッセージとは違う可能性が高い」
と言い、続けた。
「潜水艦の行動は、各国海軍とも極秘だ」
「トランプ大統領でも、米原子力潜水艦の動きは知らされない」
「防衛省がリスクを侵して公表した意図がある」
「あくまで推測だが、中国が南シナ海で許容できない行動をしたのではないか」
「中国は現状を少しずつ変更して、軍事的覇権を強める戦術を取っている」
「自衛隊がそれを察知し、米国と情報共有した上で、中国側にメッセージを伝えたとみるのが自然だろう」
「自衛隊の哨戒能力は世界最高だ」
「日本周辺で各国艦船や潜水艦の動向をリアルタイムで把握している」
「中国の抑制的な反応を見る限り、メッセージは伝わったのではないか」

●2018.9.17 23:29更新
南シナ海の海自潜水艦訓練で安倍晋三首相「特定の国想定せず」 「15年前から実施」とも
https://www.sankei.com/politics/news/180917/plt1809170023-n1.html
安倍晋三首相は17日夜のテレビ朝日番組で、海上自衛隊の潜水艦が南シナ海で訓練を実施したことについて
「実は15年前から行っている。昨年も一昨年も行っている」
と明らかにした。
中国は南シナ海で一方的な軍事拠点化を強行しているが、首相は
「自衛隊の練度を向上させるものであり、特定の国を想定したものではない」
とも述べた。
首相は他の海域でも訓練を行っていると説明。
その上で、日中関係については首脳間の往来が進みつつあるとして
「確実に今、新たな段階に向かって進んでいる」
と述べた。
自衛隊は17日、南シナ海で海自潜水艦が訓練を実施したと発表した。
訓練海域はフィリピン西側の公海上で、中国が南シナ海に引いた独自の境界線「九段線」の内側という。
秘匿性の高い潜水艦の訓練実施を自衛隊が公表することは異例だが、首相は
「事実上、訓練は近くの国々も知っている」
と述べた。

●2018.9.17 20:31更新
海自潜水艦、南シナ海で訓練 異例の公表…軍事拠点化の中国牽制 ベトナム要衝にも初寄港
https://www.sankei.com/politics/news/180917/plt1809170009-n1.html
防衛省は17日、海上自衛隊の潜水艦を南シナ海に派遣し、護衛艦部隊とともに対潜水艦を想定した訓練を13日に実施したと発表した。
実任務に就く潜水艦の南シナ海での訓練が公表されたのは初めて。
同海域で一方的な軍事拠点化を強行する中国を牽制する狙いがある。
派遣したのは海自呉基地(広島県)を母港とする潜水艦「くろしお」。
13日までに東南アジア周辺海域で長期訓練中の護衛艦「かが」「いなづま」「すずつき」の3隻と合流し、護衛艦や艦載ヘリコプターがソナーで潜水艦を探索する一方、潜水艦は探知されないように護衛艦に接近する実戦的な訓練を行った。
訓練海域はフィリピン西側の公海上で、中国が南シナ海に引いた独自の境界線「九段線」の内側という。
くろしおは17日、南シナ海に面するベトナム中部の軍事要衝カムラン湾に寄港した。
海自潜水艦が入港するのは初めてで、南シナ海で中国との領有権問題を抱えるベトナムとの連携を示す狙いもありそうだ。
海自が秘匿性の高い潜水艦の行動を公表するのは異例。
あえて対外的に明らかにすることで、日本の存在感と運用能力の高さを示し、南シナ海での権益を主張する中国を強く牽制したい考えだ。
安倍晋三首相は10月下旬に訪中を予定しており、日中関係は改善しつつある。
しかし、政府は法の支配を重視する立場から覇権主義的な行動には厳しい姿勢で臨む方針で、
自衛隊幹部は
「南シナ海は日本にとっても重要な海上交通路だ。今後も日本なりの方法で関与していく」
と語る。
南シナ海では、中国がスプラトリー(中国名・南沙)諸島の人工島に滑走路やレーダーを建設したほか、パラセル(同・西沙)諸島に地対艦ミサイルを配備し、軍事拠点化を進めている。
これに対し米海軍は人工島から12カイリ(約22キロ)内の海域を通過する「航行の自由」作戦を断続的に実行。
米空軍もB52H戦略爆撃機を南シナ海上空で飛行させ、中国に圧力をかけている。

●2018.9.17 21:14更新
中国「安定損なう」と反発 南シナ海での海自潜水艦訓練に
https://www.sankei.com/politics/news/180917/plt1809170019-n1.html 【北京=西見由章】海上自衛隊の潜水艦「くろしお」などが南シナ海で訓練を実施したことについて、中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は17日の記者会見で
「域外の関係国は慎重に行動し、地域の平和と安定を損なわないよう求める」
と反発した。
耿氏は
「現在、南シナ海の情勢は安定に向かっている」
と強調し、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国による
「対話を通じた平和的な問題解決への努力」
を尊重するよう
「域外の国」
に求めた。

●海自潜水艦隠密作戦 中国狼狽 同盟国・米国も了解
2018年9月18日 夕刊フジ...

fb1********さん

2018/9/1819:24:16

TBS 東京ブロードウェイ・サテライト 東京放送

昔から、肺がんで死去した、ヘビースモーカーとしても
有名だった某有名キャスターがしていた、夜11時からの
ニュース専門番組 その中での特集では 異論 オブジェクション
のコーナーで、在日米軍等 反対!での事を長年し続けて
いましたのでね。

核の傘の下 核抑止力面でも、在日米軍規模、米海兵隊
米第7艦隊 追加で 異郷の地 ペルシャ湾 湾岸戦争が
有った地 その場所から、戦後~最多量の原油を輸入継続
履行中なのが、石油輸入率98%の日本国

ペルシャ湾内での日本の自国のタンカーでの安全航行&護衛等
日本の生命線!

でも、ペルシャ湾内には、日本は 海自の護衛艦を 1隻も
派遣していない!ソマリア沖でのインド洋の海域の一部と
ペルシャ湾は、インド洋での海で繋がっていても・・・別場所

日本のタンカー護衛の金額は、USAが自国の予算の一部である
国防費を使い、長年守り続けてくれている!

でも、日本は 長年・・・核抑止力分とか、米第7艦隊での
経費の一部とか、ペルシャ湾でのタンカー護衛の各種経費は
1円?すら・・・払ってはいない!

しかも、在日米軍の駐留経費の負担も、全額!ではない・・・

明らかに!防衛努力不足!

でも、中国を刺激するな、配慮せよ!戦前&戦中の事を
忘れるな!とかね。

類は友を呼ぶ!

WWⅡ後・・・日中国交正常化をした、故田中角栄氏
その後輩?等での議員であり、大者政治家であり
長年、中国へと自分の政党の議員を研修?等の方式で
派遣をし続けている、某議員とその政党

当然、TV朝O TBS等のマスコミ等は、某政党を
指示、自民党&自衛隊、米軍等 反対!での長年での
基本方針!

でも、自衛隊人気(311等での災害派遣の実績で)
となれば、風見鶏 人気小説をTVドラマ化!
自衛隊の各基地にと、取材&撮影協力依頼!

で、放送・・・

でも、また・・・再度!元に返す、戻して風見鶏!

某TV局で、夜11時からしていた 有名ニュース
専門番組 その中に出ていた、TBSでの社員の中の1名
某有名な男のアナウンサーの方の1名 在日米軍反対!での
沖縄県民(老人の世代)は、凄い!贔屓&絶賛?等での
内容の本を出版!とかね。

その有名な、男のアナウンサーの方の故郷と地元は 神奈川県

神奈川県は、ヘイト関連でのデモ!反対派と賛成派 警察も
出動&監視での、地区である!

横浜中華街?等での長年の事実と歴史 中国とは関連が多くて
深い!

でも、有名な料理人の中の1名であり 中国が故郷での
周富徳さん かなり前に 沖縄の空自を表敬訪問し
体験タクシー(模擬離陸滑走)等をした後に

給養小隊での隊員食堂 調理の現場に行き 隊員に
調理&料理指導をして 自分が作った料理を出して
振る舞った事もある!

中国人の中には、日本好き!日本贔屓で・・・中国共産党に
反対!政権に反対!での方も多々・・・

同時に、日本国内には、中国と韓国依怙 日本の自民党の
政権!反対派も居る!

マスコミの報道と、有名人のXXサンがOOでの言動をしている
ので、正しい!賛同での便乗、意気投合での有権者 大の大人が
多い!で、問題があれば起きれば、政府が悪い!などと
責任転嫁!

野比のび太・型人間が多過ぎ!ちなみに、USAは、ドラえもん
または、ドラミちゃん ではない!もちろん、郷田剛(ジャイアン)
でもない!

でも!全国版では、自衛隊贔屓?的な記事の多々 読売新聞
でも、地方版でのページの記事には、自衛隊批判の記事は多い!
本社での東京と、地方の差 現場の相違である!

shi********さん

2018/9/1819:06:12

日本側は普段は黙ってやる訓練を、配慮してわざわざ公表しました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

vic********さん

2018/9/1808:00:04

中国が勝手に線引きした領海で、サンゴ礁を埋め立てて軍事要塞化させていることも報道しないとバランスが取れていないでしょう

rai********さん

2018/9/1807:36:49

マスコミは財界からお金を貰って成り立っているのです
中国を刺激すれば金持ちは商売がやり難くなる
ただそれだけ
韓国が言いたい放題で来てるのもそれが理由
すべて、それが理由
全てはカネですカネ
日本は先進各国の中で、格差比率が最低クラス
金持ちの植民地なのが事実なのです
バカ国民が沢山住んでるから

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる