ここから本文です

お米のとぎ汁は、お花や、野菜にあげるとよいのでしょうか? どのくらいの量を...

プロフィール画像

カテゴリマスター

won********さん

2018/9/1912:07:02

お米のとぎ汁は、お花や、野菜にあげるとよいのでしょうか?

どのくらいの量を、頻度は?

閲覧数:
77
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pon********さん

2018/9/1915:44:00

良いと思います。
ただ、毎日とぎ汁を与えるより、コイン精米機からいただいてきた米糠を時々与えるほうが簡単じゃないかなぁ、と思います。

水がほとんどですからお花や野菜が水分過多にならないようにとか、とぎ汁中の成分が土の表面に白く溜まらないようにとか(厚く溜まるとカビたり、固まったりします)、注意する必要はあるでしょうね。

とぎ汁は使っていませんが、コイン精米機からいただいた米糠はよく使います。ボカシにして与えるのが理想かもしれませんが、いちいちめんどくさいし、どうせ地表で次第に分解されるのですから、地表に撒いています。
私の畑はほとんど刈草で覆われているか野草が生えたりしているので、少々厚く撒いてもOKですが、裸の地面がでている普通の畑なら、前述の理由で、うっすら撒くほうがいいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yas********さん

2018/9/1914:25:57

お米のとぎ汁には、炭水化物、油分、タンパク質、ビタミンB群の他にミネラル類のリン、カリウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛など多くの栄養素が含まれています。私の大好きな時代小説にも侍がお風呂で糠袋をゴシゴシこすっているシーンが良くあります。野菜のぬか漬けも美味しいですね。その他化粧水やフローリングの磨きや野菜の下炊きは有名です。これだけ効果のあるお米のとぎ汁なら野菜の栽培やお花にも良いのでは、と思われるのですね。いいですよ。お米のとぎ汁には肥料分がタップリあって最高の栄養剤だと思います。でも一般的には、野菜などの栽培にとぎ汁を利用するのは良くないと言われています。油分やたんぱく質などが多くて土壌にかえって良くないからでしょう。畑の土に多量の米糠を入れて撹拌すると土が硬く締って固まり結局野菜の根が酸素を取り入れることが出来なくなります。ですから毎日やるのではなく、5日に一度とか、水に薄めて使用するのが良いと思います。ただ、野菜の栽培で言うと5(窒素):15(リン酸):5(カリ)の1000倍液をやることで十分ですし、元肥として全面使用する場合は、鶏糞や過リン酸石灰と米糠を混ぜることで十分ですのでとぎ汁は使っていません。もったいない話ですね。

txr********さん

2018/9/1913:49:39

意味はありません。
水がもったいない、排水を減らしたい、というならいいですが、それによって植物がよく育つようなることはありません。
それも多すぎるのはよくありません。単純に過湿になるだけでなく、土が腐ります。

とぎ汁はほとんど水ですが、濁りはわずかなぬかと米から出てきたデンプンです。しかしデンプンは植物の肥料にはならないばかりか、雑菌の餌になり、それを土にかけると土の中の雑菌が必要以上に増えてしまい、それが植物に悪い影響を与えます。ぬかにしても普通はぬかを直接土に撒くようなことはしません。発酵させて「ぼかし」として使います。そうしないと悪影響が出るからです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる