ここから本文です

出力の低いピックアップのメリットはなんですか?

アバター

ID非公開さん

2018/9/2100:29:20

出力の低いピックアップのメリットはなんですか?

閲覧数:
291
回答数:
10
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sca********さん

2018/9/2102:32:31

モダンなハイパワーで高性能のピックアップより、出力の低いピックアップを使う方が高尚ぶれる。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pat********さん

2018/9/2120:54:51

音が綺麗です。あと、ピッキングの強弱でボリュームの強弱が付けられます。
音の大きさはアンプで調節する事なので関係ありません(ピークは同じ)。
高出力の物は弱く弾いてもアンプ入力側のピークまで出てしまい、ピークを越すような強く弾いても、結局アンプ側でコンプがかかる(歪む)だけなので、全部一本調子になってしまい、演奏の強弱で音の強弱が付けにくい反面、テキトーなピッキングで弾いても一定の音量が出て何でも上手く聴こえるというメリットがありますが、低出力物はピッキングの強弱でボリュームが変わってしまうので、繊細な表現もできますが、それだけ演奏の技術も必要になってきます。
寺内タケシとか、ベンチャーズとか、低出力PUで一曲の中であれだけピッキングにまで気を遣って演奏の出来る人とか、昔の人の演奏技術もあれはあれで凄いものだと思っています。
そんな人たちリスペクトで、私も最近、ストラトに低出力のPUを付けた物を一本作って練習しています。弾き熟すのはかなり難しいじゃじゃ馬です。

音が綺麗です。あと、ピッキングの強弱でボリュームの強弱が付けられます。...

jmp********さん

2018/9/2114:08:22

巷で謳われるサスティンの増加、煌びやかなハイってのもあるかもですが、個人的にその恩恵はさほど感じなくて、俺の感覚だと敏感な1Vol.真空管アンプを直のクランチで弾くと顕著で…要はかなり弱いタッチのトーンをより忠実に再現してくれる気がするんです、言い換えれば強弱の差がより広い気がするんです。

歪みの深さをアンプで変化させるタイプのギタリストにはメリットだと思います。言い換えればコンプ感はなく粒が不揃いになりやすい、SN比も悪いんでしょうけどね。

※主観に満ちた感想です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gri********さん

2018/9/2108:52:52

https://espguitars.co.jp/seymourduncan/pickup/humbucker/index.html#...
これで低出力定番SH-1と高出力定番SH-6の説明とトーンチャートを見ればわかりやすいと思います。

ハイパーサウンド(hig********って奴ね)がお得意の分野ですが要約しますね。

ようは、歪みにくいのとノイズが出にくい。
よってアンプなりエフェクターなりで音を作りやすいメリットがあります。
出力インピーダンス・・・まぁ信号の幅を小さくすることでシールドによる音差の影響が出ないのもメリットということです。

ただ、パシフィカみたいな初心者用ギターのピックアップでエグイ歪み作りたい!とかになると出力が弱すぎるから、ほんとうに振動を拾うだけのコイルになります・・・

で、ノイズが出ない高出力となるとブースター内蔵とか言っていますが・・・
EMGが得意のアクティブピックアップがそれに該当しますね。

スリップノットのニックトーマスが使用しているピックアップはアクティブ且つ高出力と言えないピックアップ。
これは音作りでノイズをかなり嫌った結果だと思います。

>私は、各弦ごとに独立した巻線を持つギターを追究していますが、

凄い理想論。でもアクティブ回路を弄れないと全部同じ音になりそうで怖いですw

説明は正しいが問題は、そっちが専門過ぎて本体はそっちのけなのがちょっとねぇ~。

それもあってパシフィカデフォルトの中華OEMのピックアップでなく・・・
ダンカンとEMGに置き換えて説明しました。
もちろん、所有しているのや試奏しての話です。

※でハイパーサウンドはまだパシフィカセールスマンやっているの?

ges********さん

2018/9/2108:07:31

歪みにくい。

hig********さん

2018/9/2106:41:19

巻き数を減らして出力インピーダンスを低くできます。ハイ落ちが顕著に改善されます。共振周波数が高くなるのでサウンドの傾向は変わります。これは好き好きです。真空管アンプに直結する場合には、初段管の「入力換算雑音電圧」との比を大きくとれませんが、適切に設計された半導体のブースター、バッファー、初段のエフェクターであれば、「入力換算雑音電流」に比べ信号源からの電流が大きく、ノイズの点でも有利になることがあります。その場合、ギターに内蔵される可変抵抗やコンデンサーの値も、ピックアップのインピーダンスに合わせることが望まれます。一番望ましいのは、ギター本体に、数倍程度の低増幅率のブースターを内蔵させる方法と組み合わせること。圧倒的にノイズが低減される上、接続ケーブルによるハイ落ちの現象も激減します。
私は、各弦ごとに独立した巻線を持つギターを追究していますが、弦ごとに巻き数を変え、シンプルなブースターも各弦ごとに用意すると、総合的にギターの電気的性能がアップします。高域の弦では、かなり巻き数が小さく、出力も低めです。
それから、トランス式のダイレクトボックスでは、巻き数が少なく出力電圧が低いピックアップに対応した市販品は目にしませんが、基本的には、トランスの帯域を拡げやすく、高性能なダイレクトボックスが容易に製作できます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる