ここから本文です

脳幹梗塞,錘体路,運動麻痺について 錘体路は大脳皮質から脳幹を通っていくと思...

アバター

ID非公開さん

2018/9/2322:01:47

脳幹梗塞,錘体路,運動麻痺について
錘体路は大脳皮質から脳幹を通っていくと思いますが,例えば,中脳梗塞,橋梗塞,延髄梗塞が起こった場合も大脳の梗塞と同様に対側に運動麻痺は出現するのでしょうか?

延髄梗塞=運動麻痺っていうイメージがあまりないのですが…出現しても失調とか?調べてもよくわかりません宜しくお願いします

閲覧数:
121
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ing********さん

2018/9/2413:33:52

延髄内側症候群(Dejerine症候群)で調べて下さい。

錐体路がしっかり侵されます。
錐体交叉より上が侵されるので病変と反対側の片麻痺
が生じます。

中脳や橋の梗塞でも片麻痺は起こりますし、橋梗塞
では意識が保たれるのに四肢麻痺、眼球運動以外の
両側顔面筋麻痺(Locked in syndrome)が起こる
こともあります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

q_q********さん

2018/9/2406:54:33

錐体路が通る部分にダメージが及べば可能性はあるでしょうね。

中枢は画像所見と症状が一致しないこともありますので、とらわれすぎないようにしたほうが良いでしょう。

教科書は典型例のみしか記載されていませんからね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる