ここから本文です

鈴木央先生の七つの大罪は最初、集英社に持ち込んでボツにされたって本当でしょう...

アバター

ID非公開さん

2018/9/2601:00:29

鈴木央先生の七つの大罪は最初、集英社に持ち込んでボツにされたって本当でしょうか?進撃はジャンプの雰囲気にあってないのでジャンプでは無理だったと思いますが七つの大罪はジャンプで連載できたのではないでしょ

うか?ジャンプ編集部は無能なんですか?

閲覧数:
1,441
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jed********さん

2018/9/2610:56:22

もともとジャンプからサンデー行ったり、チャンピオン行ってのマガジンなので七つの大罪自体はジャンプに持ち込んでいないと思います。ある程度連載をこなして実力がついてからの七つの大罪でしょうから、ジャンプが無能とは言えないと思います。ライジングインパクト時点の実力で七つの大罪クラスの漫画が描けたかと言えば無理でしょうし

アバター

質問した人からのコメント

2018/9/28 09:43:58

なるほど、そもそも七つの大罪を集英社に持ち込んでいなかったのですね。皆様回答ありがとうございましたm(_ _)m

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hog********さん

2018/9/2613:59:44

七つの大罪自体はマガジンに移ってから考えたものなのかとは思いますが、
ずっとファンタジー物を描きたかったという事は明らかになっています。

まぁ、ジャンプ、サンデー、チャンピョンを大手を渡り歩いてどこも(本人も描きたがっていて、ファンも待望している)ファンタジーを描かせなかったってのは、まぁそれなりに根拠はあると思います。

今でこそファンタジーは乱造というくらい定番になっていますが、
本来、設定と世界観の説明が多く必要で、週刊の少年向け作品では難しいという判断は妥当かと思います。

ファンタジーそのものがブームになっていて、しかも読者が高齢化しているマガジンだからこそ実現できた、って事になるのではないでしょうか。

dea********さん

2018/9/2604:55:39

鈴木央先生はライジングインパクトの頃からファンタジー物を描きたがってたのは漫画を読んでれば馬鹿でも分かります。分かってなかったのはジャンプ編集部だけでした。

ライジングインパクトの登場人物の名前を見ればすぐに分かります。

rap********さん

2018/9/2601:50:59

七つの大罪初期にインタビューでもともとファンタジー漫画を書いていたとは言ってましたがそれが七つの大罪かどうかは言ってなかったと思います

Yahoo!知恵袋 特別企画

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる